* AtelierUNな毎日 *

 >  美術展関連 >  石踊達哉展~「3・11以降」時空を超えて

石踊達哉展~「3・11以降」時空を超えて

ishiodori2014_01L.jpg ishiodori2014_02L.jpg

石踊達哉展 ~「3・11以降」時空を超えて に行ってきました。
新しい方の作品展はあまり見に行かないのですけれど、NHKで紹介されていてすてきだと思ったので。
浅学にして石踊達哉さんを全く知りませんでした。

これが日本画なのかどうかはよくわかりませんけれど、「平成の琳派」と言われているそうで、肯ける美しさです。
なかなか面白い作風で、今後も気にしてみようと思います。

相国寺承天閣美術館もとても居心地の良い美術館で、気に入りました。(靴を脱いで入ります)

若冲の鹿苑寺の大書院の4間、および狭屋之間(さやのま)の床壁と襖の障壁画「月夜芭蕉図床貼付」「葡萄小禽図床貼付」(重文)も常設展示されていて、若冲かけ出しの頃の水墨画という珍しいものをゆっくり堪能しました。

6月8日までです。ぜひ!

石踊達哉展~「3・11以降」時空を超えて

 石踊達哉(いしおどりたつや)は、1945年旧満州に生まれ1970年東京芸術大学大学院を修了。在学中より革新的な日本画を目指し、シュールな人物画で注目されました。
 しかし、1988年パリにアトリエを構え、転機が訪れ、油絵風の人物画から日本画固有の技術、感性を最大限に打ち出すことによって逆に日本画の枠を超越した美が作りだされるのではと考え「花鳥諷詠」の世界へ移行。さらに、瀬戸内寂聴現代語訳「源氏物語」の装丁画を手掛け、日本画古来の美意識とモチーフ、技法を追求し「日本画でしか表現し得ないものを通して、初めて国際性を持つ美が生まれる」― そんな信念のもとに制作する石踊の画風は古典の伝承、模倣ではない、自分のスタイルに基づいています。
 その後、手掛けた金閣寺方丈杉戸絵や妙法院門跡の襖絵など、日本画が内包する抽象、象徴、装飾性を重視する意識がいかんなく発起された作品となっております。
 本展は現代感覚溢れる花鳥画や「寂聴源氏」で学んだ古典文様などを取り入れた作品、そして「3.11以降」の作品群など3つのカテゴリーに分け、今回の個展のために描き下ろした新作を含む40余点の展観となります。
mini_140513_1202.jpg




平成26年4月5日(土)~平成26年6月8日(日)
【会期中無休】
午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
相国寺承天閣美術館
京都市上京区今出川通烏丸東入
相国寺は6月4日まで春の特別拝観中です。




関連記事
ふっくらさんへ * by UN
まあ、そうおっしゃらずにちょいちょいコメントしてくださいなぁ❤

「美しき日本 キルト展」よかったみたいですねぇ。行きたかったなぁ。
そうですね。和布にミシンはもったいないと感じてしまいますね。その方(かた)には時間の方が大切なのかもしれませんが。

教室、復帰おめでとうございます!
課題が「大きさ」と「イメージ」と「色合い」ですか。面白くなってきましたね~♪ 知恵の絞りどころです。がんばって!!

* by ふっくら☆人
冒頭の言葉はいつも慣用句ですので省略いたします。いや、させて下さい。

ドームのキルト展以来、「美しき日本 キルト展」に行ってまいりました。
縁のある方から頂いたチケットでネ。
いや~、日本ならやっぱり和布がピッタリ!!。
美しき日本なら、展示会は素晴らしき大作の数々でした。
和布ゆえ日本の雰囲気を100%醸し出していました。
ド素人の意見(異見)ですが、和布にミシンキルトは勿体ないなあ・・と偏見でした。

チケットありがとうございました。
有名すぎる〇越には、滅多には行きませんので感謝申し上げます。
昨日は休んでいた教室にも行けまして、し・あ・わ・せ。

最近の課題は「大きさ」と「イメージ」と「色合い」を指定されます。
厳しくなってきたぞ・・・3月には予定表他が、ど~ん、届きまして・・・そんな昨今です。

コメント






管理者にだけ表示を許可する

ふっくらさんへ

まあ、そうおっしゃらずにちょいちょいコメントしてくださいなぁ❤

「美しき日本 キルト展」よかったみたいですねぇ。行きたかったなぁ。
そうですね。和布にミシンはもったいないと感じてしまいますね。その方(かた)には時間の方が大切なのかもしれませんが。

教室、復帰おめでとうございます!
課題が「大きさ」と「イメージ」と「色合い」ですか。面白くなってきましたね~♪ 知恵の絞りどころです。がんばって!!
2014-05-15 * UN [ 編集 ]

冒頭の言葉はいつも慣用句ですので省略いたします。いや、させて下さい。

ドームのキルト展以来、「美しき日本 キルト展」に行ってまいりました。
縁のある方から頂いたチケットでネ。
いや~、日本ならやっぱり和布がピッタリ!!。
美しき日本なら、展示会は素晴らしき大作の数々でした。
和布ゆえ日本の雰囲気を100%醸し出していました。
ド素人の意見(異見)ですが、和布にミシンキルトは勿体ないなあ・・と偏見でした。

チケットありがとうございました。
有名すぎる〇越には、滅多には行きませんので感謝申し上げます。
昨日は休んでいた教室にも行けまして、し・あ・わ・せ。

最近の課題は「大きさ」と「イメージ」と「色合い」を指定されます。
厳しくなってきたぞ・・・3月には予定表他が、ど~ん、届きまして・・・そんな昨今です。
2014-05-15 * ふっくら☆人 [ 編集 ]