* AtelierUNな毎日 *

 >  ハンドメイド >  ハンドメイドの本 >  パッチワーク通信 2014年 6月号

パッチワーク通信 2014年 6月号

04_20140409201818cfe.jpgパッチワーク通信 2014年 6月号です。

最近増えたコットン&リネンの布を使った提案やら

細かい三角の見事な作品やら

見応えがあります。


「松浦香苗のプリントで楽しむパッチワーク」 最終回になってしまいました。
まだ実践はしていないけれど、きっとそのうち!
先生に選んでいただいた布たちもありますし^^b

「小関鈴子のマンスリーキルト」 は3回目です。
エッフェル塔とはちょっと意外でしたσ(・・;)
こちらはキットの到着待ち。
がんばります!

パッチワーク通信 2014年 06月号

明るい春の号です。表紙はこうの早苗さんのスイートで爽やかな作品。

巻頭特集「リネン&コットンでパッチワーク」でお届けするのは初夏に使いたい、明るいプリントにリネンを合わせたナチュラルでモダンな感覚のキルトやバッグ。おなじみのトラッドパターンに季節に似合う布を組み合わせてPatchworkの楽しさを再発見しましょう。

第二特集の「お・も・て・な・し JAPAN」では日本流おもてなしを盛り上げる楽しい和小物を紹介します。

第三特集は「チクチク三角つなぎ」人気の高いトラディショナルキルトのひとつ三角つなぎ。時間をかけて丁寧に縫い上げた大作がたくさん登場します。

「秦泉寺由子さんのギャラリー&カフェ」

「ネクタイアップサイクル」

「お野菜マルシェ」宮内恵子さん


最終回:「松浦香苗のプリントで楽しむパッチワーク」

連載中
「小関鈴子のマンスリーキルト」
「ひびのこづえのある一日」
「Ayumiの子育Diary]
「アメリカのモダンキルターたち」



関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する