* AtelierUNな毎日 *

ばね口金のめがねケース

mini_140331_2227.jpg  mini_140331_2228.jpg

すてきにハンドメイドのマンスリー、小関鈴子先生の「ナインパッチのサンプラーキルト」の応用作品の『ばね口金のポーチ』の応用作品の『めがねケース』またの名は『ペンケース』を作りました。

先日パターンをマニッシュで縫ったので、こちらは赤!

手持ちのばね口金の幅が8.5cmのしかなかったので(本のは10cm)少し長くして、ポーチではなくめがねケース または ペンケースにしました。
どっちにでも使えるのだけど、ま、新しいうちはめがねケースかな。

元々近視だったからか、まだリーディンググラス(老眼鏡ともいう(・・;))が要らないんですけど、いちおう持ってます。
普段は裸眼で生活してますけど、美術館とか劇場とかで遠くをちゃんと見たい時は近眼鏡が要るので、持って歩くのは近眼鏡かなぁ。

そんなこんなで、めがねケースかな、やっぱり・・・(笑)






すてきにハンドメイド 2014年4月号


キットは こちら @NHK出版(すてきにハンドメイド 2014年4月号 小関鈴子のマンスリーキルト応用 ばね口金のポーチ)





関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する