* AtelierUNな毎日 *

 >  暮らし >  「誤りである証拠がない以上、撤回すべきではない」

「誤りである証拠がない以上、撤回すべきではない」

「誤りである証拠がない以上、撤回すべきではない」
STAP細胞の論文問題で、共著者のチャールズ・バカンティ米ハーバード大教授の発言なんですけど
私はこれが今の時点での正解なのだと思うのですけれどね。

専門的なことがわからないのに、騙されたとかよく言うなぁと・・・
元々ごく基礎研究だったSTAPにiPSなみの過大な評価ができるかのような報道には首を傾げていたのですが、まだわからないのに待つこともできない非情な叩き方。
理研の皆さんも発表の前には止めなかったのに(止めなかったどころか記者会見まで大げさに開いて大はしゃぎ)、彼女と私たちは違うと言わんばかりの態度・・・。トカゲのしっぽ切り準備OK?
論文取り下げに同意させたのはパワハラではないんですよね?
特許を取っていない段階で発表してしまったのは稚拙だったのかもしれないですけど(だから完全に再現できるような=すぐ真似されるような論文は書けない)、研究やましてや人格まで全否定されるのはおかしい。ひどい。

今回の騒動で"嫉妬"というのは怖いなぁとつくづく・・・
特にテニュアを取れない所謂ポスドクの皆さんの。
人の足を引っ張っている間に、ご自分の金鉱を見つけてください。


米教授、STAP論文「撤回すべきでない」 2014/3/14 23:42 日本経済新聞

 【ワシントン=共同】STAP細胞の論文問題で、共著者のチャールズ・バカンティ米ハーバード大教授は14日、「示されたデータが誤りであるという説得力のある証拠が現時点で存在しない以上、論文は撤回されるべきではないと信じる」とする声明を、所属するブリガム・アンド・ウィメンズ病院を通じて発表した。

 ただ「今後の決定は重要なので、何らかの提案をする前に共著者全員と話をしようと計画している」として、論文撤回の可否について理化学研究所チームと協議する考えを示した。

 バカンティ氏は「論文に対して示された懸念がどれほど重いかを見極めるため、理研の正式な調査結果を待つ」としながら、STAP細胞の成果は「小さな誤りや外部からのプレッシャーによって無視するにはあまりにも重大だ」と強調した。

 「他の研究者が私たちの結果を再現できるようにする」として、自らのウェブサイトでSTAP細胞の詳細な作製手順を公表することを表明、「事実はおのずと明らかになる」と訴えた。




Read More

マスコミの科学部もどっちみちまだまだ実用化にもならないもの↑を叩いている間に
例えば、↓などの医薬のずぶずぶの関係など徹底的に追及したら如何?
こちらは直接的には白血病の患者さん、間接的には医療費(税金)の無駄な使い方から私たちの老後の安住にまでかかわってくると思うのですけど?

<白血病薬試験>患者情報ノ社に提供 東大病院、重大な過失 毎日新聞 3月14日(金)21時36分配信



 製薬会社ノバルティスファーマの社員らが自社の白血病治療薬の臨床試験に関与していた問題で、試験の事務局がある東京大病院は14日、個人情報保護法や臨床試験の指針などに反し、個人情報を含む患者アンケート255人分のコピーを患者に無断でノ社に渡していたとする中間報告を発表した。記者会見で門脇孝病院長は「重大な過失で臨床試験の信頼性を損ねる事態。患者に心よりおわびする。(臨床試験は)中止すべきだ」と謝罪した。

 試験責任者の黒川峰夫教授は、病院の事情聴取に対し「ノ社にコピーを渡したことは昨年12月まで知らなかった」と釈明。コピーを渡していた部下の医師は「不適切との認識がなかった」と説明したという。大学本部がさらに調査し、関係者の処分を検討する。

 東大病院は、医療機関からの患者データの回収をノ社の営業担当が代行▽試験の実施計画書と患者の同意書の作成に社員が関与▽ノ社がデータ解析して作製したスライド1枚を研究チームが学会発表に使用--などの問題も認めた。

 この臨床試験は、複数の白血病治療薬の副作用を比べるため、東大病院を中心に22医療機関が参加して2012年5月に始まった。ノ社の主力商品の一つである白血病治療薬イマチニブ(商品名グリベック)の特許切れが近く、ノ社は試験の中間報告を自社の新薬の宣伝に利用していた。門脇病院長は「研究者は販促に使われる可能性を認識していた」と話した。

 また、今回の試験とは別に、黒川教授の研究室にノ社の社員が関与した不適切な臨床試験が4件見つかったといい、これについても調査することを表明した。研究室には、白血病治療薬の試験開始から3年間にノ社から計800万円の奨学寄付金があったことも明らかにした。

 東大病院の発表について、厚生労働省の幹部らは「研究者のモラルが大きく欠落しており、ゆゆしき事態だ」と指摘した。詳しい報告を求めたうえで行政指導を検討する。厚労省は降圧剤バルサルタンの臨床試験疑惑を受けて、臨床試験の不正を防ぐ新法の是非を検討することにしており、ある幹部は「患者の個人情報を流出させた今回の事案も踏まえる必要がある」と話した。【河内敏康、阿部周一、桐野耕一】




関連記事

Return
ちーさんへ * by UN
ほんとに周辺情報が多すぎでしたよね。それも理研自体が煽った部分も大きくて。
そのくせ手のひら返しなので裏切られた気持ちです。
証明の仕方に拙速な部分はあったにせよ、大きくは間違っていないと思うのですよ。
そこの経験不足を(後から撃つのではなく)どうしてカバーしてあげられなかったのかなって理研には不満がいっぱい。
このままじゃ、彼女、アメリカに行っちゃいますよねぇ。頭脳流出。


* by ちー
真実はどうなのかはともかくとして、
マスコミの怖さを実感した一連の報道だと思いました。
最初はちやほやしていたのが、一転…。
(肝心の研究内容以外の部分にスポットを当てすぎたのではないかしら?という気も…。)

コメント






管理者にだけ表示を許可する

ちーさんへ

ほんとに周辺情報が多すぎでしたよね。それも理研自体が煽った部分も大きくて。
そのくせ手のひら返しなので裏切られた気持ちです。
証明の仕方に拙速な部分はあったにせよ、大きくは間違っていないと思うのですよ。
そこの経験不足を(後から撃つのではなく)どうしてカバーしてあげられなかったのかなって理研には不満がいっぱい。
このままじゃ、彼女、アメリカに行っちゃいますよねぇ。頭脳流出。

2014-03-15 * UN [ 編集 ]

真実はどうなのかはともかくとして、
マスコミの怖さを実感した一連の報道だと思いました。
最初はちやほやしていたのが、一転…。
(肝心の研究内容以外の部分にスポットを当てすぎたのではないかしら?という気も…。)
2014-03-15 * ちー [ 編集 ]