* AtelierUNな毎日 *

 >  観劇・音楽 など >  ミュージカル 『ミス・サイゴン』

ミュージカル 『ミス・サイゴン』

misssaigon1.jpg misssaigon2.jpg

ミュージカル『ミス・サイゴン』 大阪公演千穐楽 を観ました。
エンジニア役市村正親さんがご病気療養のため、筧利夫さんの御出演。
ずいぶんイメージが違うのでどうかなぁと思いながら…。

初見。 (本田美奈子さんのキムはさわりだけ何度か見ました。)
《ネタバレ注意》
これ、ストーリーがどうでしょう。
歌舞伎もたいがい「どうでしょう」と思うストーリーがあるけれど、あれは時代が違うのでそういう価値観だったのだなぁと諒解することができますけれど
クリスの欺瞞には心底怒りを覚え、これじゃあキムが無駄死にだし、エレンもタムもかわいそう。
これを愛という美辞で糊塗するのは私はいやだなぁ。
ストーリーに納得できないから、コメディリリーフ(チャリ場)のエンジニアもすべってしまって・・・(・・;)

キャストの皆さんはそれぞれ熱演でした。
タムの新津ちせちゃん(4歳)がとても賢く、かわいくて、将来楽しみ❤

ベトナム戦争について関心が持てたのは収穫。

ミュージカル『ミス・サイゴン』
『レ・ミゼラブル』の作家コンビが贈る
世界が涙した メガヒット・ミュージカル
「究極の愛」が、あなたの心を震わせる

2014年9月、再び大阪へ
フェスティバル・ホールにて上演決定!!

ミュージカル『ミス・サイゴン』は、1989年ロンドン・ウエストエンドを皮切りに、91年ニューヨーク・ブロードウェイ、そして92年に東京・帝国劇場で上演されました。2008年には日本での上演回数1,000回を達成するなど、メガ・ミュージカルの1つとして、日本中で愛されてきた作品です。
2012-2013年には、新演出版『ミス・サイゴン』が全国12都市13劇場で上演され、各地で満員の客席がスタンディング・オベーションで湧くなど大好評を博しました。

そして、2014年9月に満を持してフェスティバルホールに新演出版が登場します!!
『レ・ミゼラブル』のアラン・ブーブリル&クロード=ミッシェル・シェーンベルクによる全編魂に響く名曲の数々は勿論、劇場内は、サイゴンの暑い夏の匂い、ヘリコプターや爆竹の轟音、そしてリアルを追求した出演者たちの熱気が充満し、あなたの五感を揺さぶります。

全てのミュージカルファンに捧げる、新演出版『ミス・サイゴン』
どうぞご期待ください!!

【配役】(9/18)
  エンジニア  筧 利夫 (市村正親の代役)
   キム      昆夏美
  クリス     原田優一
   ジョン     上原理生
   エレン     木村花代
   トゥイ      神田恭兵
   ジジ      池谷祐子

【ストーリー】
ベトナム戦争末期、両親を失った少女キムは陥落直前のサイゴン(現在のホー・チ・ミン市)でフランス系ベトナム人のエンジニアが経営するキャバレーでアメリカ兵クリスと出会い、恋に落ちる。

お互いに永遠の愛を誓いながらも、サイゴン陥落の混乱の中、米兵救出のヘリコプターの轟音は無情にも二人を引き裂いていく。

クリスはアメリカに帰国した後、エレンと結婚するが、キムを想い悪夢にうなされる日々が続いていた。一方、エンジニアと共に国境を越えてバンコクに逃れたキムはクリスとの子タムを育てながら、いつの日かクリスが迎えに来てくれることを信じ、懸命に生きていた。

そんな中、戦友ジョンからタムの存在を知らされたクリスは、エレンと共にバンコクに向かう。クリスが迎えに来てくれた−−−心弾ませホテルに向かったキムは、そこでエレンと出会う。

したたかに“アメリカン・ドリーム”を追い求めるエンジニアに運命の糸を操られ、彼らの想いは複雑に交錯する。そしてキムは、愛する息子タムのために、ある決意を固めるのだった−−−。

フェスティバルホール
9月11日(木)  13:00/18:00
9月12日(金)  13:00
9月13日(土)  12:30/17:30
9月14日(日)  12:30/17:30
9月15日(月・祝)13:00
9月16日(火)  13:00
9月17日(水)  13:00/18:00

9月18日(木)  13:00



関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する