* AtelierUNな毎日 *

 >  ハンドメイド >  ハンドメイドの本 >  外国のおばあちゃんが作ってくれたみたいなバッグの本

外国のおばあちゃんが作ってくれたみたいなバッグの本

これはもうとにかくネーミングの勝利!(笑)

外国のおばあちゃんが
作ってくれたみたいな
バッグの本
おうちの小物や、スカートも。


かわいいんです❤

技術的には日本での最初期のような簡単な(素朴な)パッチワークなのですが、色は今風でステキ!

本屋さんで立ち読みして覚えて帰って出来ちゃいそうな・・・ヾ(・・ )ォィォィ
    いっとき目スキャナーという語が流行ったなぁ...( ¨)遠い目


少しだけ立ち読みは → LINK :ヴォーグ社のページ


外国のおばあちゃんが作ってくれたみたいなバッグの本 ― おうちの小物やスカートも。 (Heart Warming Life Series)

アメリカなのか、ヨーロッパなのか、特定はできないけれど、どこかの外国のおばあちゃんが作ってくれたような雰囲気の、バッグと小物を集めた本です。
ノスタルジックな布づかいだったり、はぎれを縫い合わせるパッチワークを取り入れたデザインだったり、など。
パッチワークは、布好きさんに共通の悩み「なかなか捨てられない小さな残り布」を生かせるアイディアの宝庫。
三角つなぎや六角形のお花、ヨーヨーキルトなど、初心者でもチャレンジしやすい大きめピースのデザインで提案します。
ショルダーや手提げなど、多彩な形のバッグのほかにキッチン小物やスカートも加えて24点を掲載。
写真でのレッスン・実物大型紙・図案つきです。



外国というのは『アメリカなのか、ヨーロッパなのか、特定はできない』のですね。
特定できないというより特定しないということなのでしょうけれど
フランスのおばあちゃんと特定してくれても面白かったかもしれない。
いっそカンザスとか?(笑)



                      



今日は3月1日。Jリーグも開幕です。
アントラーズの開幕戦は甲府と国立競技場で。
三男が行っています。




関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する