* AtelierUNな毎日 *

 >  ハンドメイド >  便利グッズ >  セルフ針

セルフ針


面白い針を見つけました。

セルフ針

←の画像を見ていただければわかりますけど、なんの工夫も要らず、スポッと入るんです! 
すごい!

糸通し(イトールとか)はありますけど、入りにくいときもある・・・
ボタンつけの糸とか太いし・・・・・


mini_140225_0915_20140225093251d23.jpg左から刺繍針・アップリケ針・キルト針・セルフ針太・細

明らかにセルフ針は太いので(穴の仕組みに強度を持たせようとすると必然的に太くなるのでしょうね)、残念ながらピースワークやキルトの針の代わりにはできません。

実は、糸通しをいちばん面倒だなぁ、やりにくいと思うのは、ミシンキルトの糸の始末。
数が多いのでひじょ~~~にめんどくさい!(>_<) (落ち穂拾い的仕事は生来嫌いσ(・・;))
刺繍針を使っているのですけれど、そんなに長く余分な糸を置いておくのはもったいないと思ってつい短めにするせいもあってか、通しにくくていらいら・・・

これはいいものを見つけたわと自画自賛。
お試しあれ。

あ、、、、、ご存じだったらごめんなさい。


【特長】
 1964年、「目をつむっても糸が通せる便利なぬい針」として発売されたセルフ針。
 このような仕組みの針は昔から存在し、目の衰えた親に買ってあげると喜ばれ 親孝行になるということから、一部の方々に「親孝行針」などと呼ばれ、 親しまれていました。
 その後も改良を重ねながら人々に愛され続け、今もなお、高齢者や目の不自由な方だけでなく若い人たちにも広く注目されています。

【使用方法】
 針の頭部にある溝に糸をひっかけて、下に向かって引き入れて頂きます。



1964年からあったのだそうです。なんで知らなかったんだろう? 知らなかったのは私だけ?
なんで"セルフ"って言うんでしょうね? 自分でできるから? 孫の助けを借りなくても?
日本で考えられたもの? どのくらいの売れ行きなのかしら?
・・・・・いろいろ疑問がわいてきます(笑)

関連記事
ちーさんへ * by UN
まだまだ便利グッズって隠れているのかもしれませんね。
これも糸通しに苦労するお年寄り向けと思っていたらまだ要らない商品ですけれど(そのうち私も(・・;))、用途によれば便利グッズに化けるという・・・
ミシンキルトが流行り始めてますから、これもヒット商品になるかも。
メーカーやお店のサジェスチョン次第かもしれませんね~。




* by ちー
お店で見たことがあるような気がします~。
確かに、ミシンキルトの糸始末のように、次々に糸を通す場合は、
これは便利かもしれませんね。
ミシンキルトは滅多にしないのですけど、
1組持っていてもいいかもしれないわって思いました。

コメント






管理者にだけ表示を許可する

ちーさんへ

まだまだ便利グッズって隠れているのかもしれませんね。
これも糸通しに苦労するお年寄り向けと思っていたらまだ要らない商品ですけれど(そのうち私も(・・;))、用途によれば便利グッズに化けるという・・・
ミシンキルトが流行り始めてますから、これもヒット商品になるかも。
メーカーやお店のサジェスチョン次第かもしれませんね~。



2014-02-26 * UN [ 編集 ]

お店で見たことがあるような気がします~。
確かに、ミシンキルトの糸始末のように、次々に糸を通す場合は、
これは便利かもしれませんね。
ミシンキルトは滅多にしないのですけど、
1組持っていてもいいかもしれないわって思いました。
2014-02-25 * ちー [ 編集 ]