* AtelierUNな毎日 *

 >  観劇・音楽 など >  歌舞伎 >  空ヲ刻ム者 ―若き仏師の物語―

空ヲ刻ム者 ―若き仏師の物語―

pl_en140305_l.jpgスーパー歌舞伎II(セカンド) 空ヲ刻ム者 ―若き仏師の物語―大阪松竹座 です。

佐々木蔵之介の白塗りが見たくて(笑)

のっけ、口上から入ってびっくり!

スーパー歌舞伎もII(セカンド)になって、現猿之助さん色の脚本なのだと思うのだけど、漢字(=抽象的な概念)の多い脚本とスーパー歌舞伎らしいケレン味がうまく混じらない感じがして居心地が悪く、のめりこめなかった。
まあ、スーパー歌舞伎IIのスタート地点を見られたのは僥倖なのかもしれないけれど・・・。
たぶん猿之助さんの生ある限り、進化していってくれるのでしょうね。

澤瀉屋のみなさんは当て書きなのでしょう、適材適所。
特に右近さんの説得力はさすが。出番は少なくても締めました。

福士誠治さんと浅野和之さんは美味しい役どころでもあったので楽に演じられているようで、よかった。中村屋の笹野さんのようにレギュラー化するのかもしれませんね。
一番難しい役どころの蔵之介さんは・・・ご本人の率直な本音の感想を伺いたい。

2人の宙乗りは大サービスでよかったですよ。
そのために(初めて)2階桟敷席を取って大正解。
舞台装置の様子もよく見えましたし、面白かった。
美術はGOOD! 気に入りました。

20日までです。まだ少々お席残っているみたい。
よろしかったら・・・(→チケットweb松竹




スーパー歌舞伎II(セカンド) 空ヲ刻ム者 ―若き仏師の物語― 

◆みどころ
四代目市川猿之助によるスーパー歌舞伎IIがついに始動!
ここにあらたな伝説が生まれる――


 2014年、四代目市川猿之助がかつてない演劇空間を目指し、ついに始動! その名はスーパー歌舞伎II(セカンド)!!
 三代目市川猿之助(現猿翁)によって創造されたスーパー歌舞伎。そのスピリットを継承した四代目市川猿之助が、現代の演劇界を代表する才能たちとともにまったく新しい舞台空間を創造します。
 共演はスーパー歌舞伎を彩った歌舞伎俳優とともに、佐々木蔵之介をはじめとする現代劇俳優たち。そして作・演出は新進気鋭の劇作家・前川知大。最高のキャスト、スタッフを得て、スーパー歌舞伎II はあらたなる旅立ちを迎えます!


 舞台はいにしえの日本。

 ある山間の村に、十和(とわ 市川猿之助)という才能に恵まれた若い仏師がいた。しかし彼は、村人たちの暮らしも病床の母親も救うことのできない仏教に苛立ちを募らせていた。

 十和の幼なじみの一馬(かずま 佐々木蔵之介)も不作に苦しむ村人たちを憂い、彼らの暮らしをよくするため、都に出て官吏の道を選ぶ。一方、母の死と都から来た役人との争いから十和も村を出なければならなくなる。その後、牢に入れられ、盗賊と交わりながら成長する十和。かたや都に出たものの下級役人として無力感を募らせる一馬。それぞれの思いを胸に別々の道を歩んだ十和と一馬。一度は分かれた二人の道は、やがてまた交わる日を迎えるのだが…。


◆配役

     十和  市川 猿之助

     長邦  市川 門之助

     双葉  市川 笑 也

     菖蒲  市川 笑三郎

     興隆  市川 寿 猿

     喜市  市川 弘太郎

     時子  市川 春 猿

     吾平  市川 猿 弥

     九龍  市川 右 近

     伊吹  福士 誠 治

     鳴子  浅野 和 之

     一馬  佐々木蔵之介



大阪松竹座

第一幕 11:00-12:00
  幕間 30分
第二幕 12:30- 1:50
  幕間 20分
第三幕 2:10-3:35

平成26年4月5日(土)~20日(日)



関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する