* AtelierUNな毎日 *

 >  美術展関連 >  ターナー展 英国最高の風景画家

ターナー展 英国最高の風景画家

img222_R.jpg

img223_R.jpg

ターナー展 英国最高の風景画家神戸市立博物館 を観に行ってきました。

小さい作品(挿し絵とか)はそこそこ面白いと思うのですけれど、大きいほど同じような構図に見えて・・・
まあ、テート美術館のみからの作品集ですし、習作や下書きなども多くてあまり見応えもなく・・・

イギリスと言えばターナーですけれど、どうなのだろう?
私自身はあんまり好きじゃないなぁと再確認しに行ったような・・・(・・;)

期間が長く、中間時点より手前で空いているのかなと思ったけれど、混んでいて、ちょっとびっくり!

ターナー展 英国最高の風景画家 

 英国絵画の地位を飛躍的に高めた風景画の巨匠として名高いジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(1775-1851)はロンドンに生まれました。幼い頃から優れた画才を発揮し、10代で英国の風土や名所旧跡を描く水彩画家となります。やがて油彩画にも取り組み、弱冠26歳にして、英国の美術界で絶対的な権威を誇っていたロイヤル・アカデミーの正会員になりました。ターナーは風景をどのように描くかを探究し続け、自然の劇的な変化を描き出した壮年期の作品や、光と色彩があふれる幻想的な晩年の作風から、ロマン主義を代表する画家の一人と称されます。
 また、その画風は、クロード・モネをはじめとする後のフランス印象派の画家たちにも大きな影響を与えたとされますが、日本では、英国留学経験のある明治の文豪、夏目漱石が愛した画家としても有名です。
 本展では、世界最大のコレクションを誇るロンドンのテート美術館から、ターナーの油彩画の名作30点以上に加え、水彩画、スケッチブックなど計113点を紹介します。日本でまとめて見る機会が少ない巨匠の大回顧展をどうぞお楽しみください。

・初 期
・「崇高」の追求
・戦時下の牧歌的風景
・イタリア
・英国における新たな平和
・ヨーロッパ大陸への旅行
・ヴェネツィア
・色彩と雰囲気をめぐる実験
・後期の海景画
・晩年の作品

出品点数  113点(展示替えはありません)


東京都美術館 2013年10月8日(火) ─ 12月18日(水)
神戸市立博物館 2014年1月11日(土) ─ 4月6日(日)




関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する