* AtelierUNな毎日 *

 >  ハンドメイド >  ハンドメイドの本 >  パッチワーク通信150号記念特大号

パッチワーク通信150号記念特大号

近所の本屋さんがつぶれてしまい、ちょっと遅れましたが、結局Amazonでゲット。
通算150号です。

キルトの雑誌というのは"見ごたえ"がポイントかと思いますけれど、本号は"読みごたえ"がポイント!
13人の作家さんへのインタビューでは、それは有名な方ゆえ知っていることもありましたけど、新鮮なお話もあって、読みごたえ充分。
付録のキルト用語辞典も単なる用語辞典の範疇を超えて、ジャンル分けや地域民族に特有なキルト(ex.アーミッシュ)、配色用語、世界のキルト美術館の所在地など情報量が多くて、これは必携かなと思いました。
これだけの情報量を個人でたぐるのはなかなかたいへんです。

150個のピンクッションもかわいいですけれどね。
プレゼントとあるので喜んだら、横浜・熊本・長野のイベントで応募するという条件だったので、あらあら・・・。

【追記】
ねこさんにご指摘いただいてよく見直してみたら、アンケートに答えても応募できると書いてありました。
早とちりでごめんなさい。
ねこさん、ご指摘ありがとうございました。


パッチワーク通信 2009年 06月号

パッチワーク通信社

このアイテムの詳細を見る
『150号記念特大号は総力特集のスペシャル企画ばかり、特別付録「2009年版pocketキルト用語辞典」はキルター必携の1冊です。「アジアからの新しい風」、「150個のお祝い針刺し」「日本の作家インタビュー」など盛り沢山。』
関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する