* AtelierUNな毎日 *

 >  ハンドメイド >  ハンドメイドの本 >  キルトジャパン2013年11月号

キルトジャパン2013年11月号

キルトジャパン2013年11月号です。

いよいよクリスマス~♪
けっこうカラフルです。

ミシンキルトレッスン Lesson11 ウールのブランケット は花岡先生!

「キルトジャパン2013年11月号」(日本ヴォーグ社刊)P39に掲載されている「­ヘクサゴンのショルダーバッグ」の一部の解説が動画になってます。

  You Tube 実演・解説/菅原順子さん

私もいちおうミシンキルト習っているんですけど、菅原先生のテクって侮れない!
9月にsesseでワンデーレッスンをされたのにスケジュールが合わなくて残念ながら受講できなかったんですけど、ここで教えていただけてよかった~!

これからも毎回どなたかの動画レッスンがあるみたいで期待します。


ちょっと立ち読みは キルトジャパンWeb : ヴォーグ社のページ


キルトジャパン2013年11月号

特集 クリスマスの小ものたち
比較的簡単に作れて飾りやすいサイズの小ものを中心に、素朴で懐かしいキルトも紹介します。

特集2 私の好きな 赤
太陽、情熱、女性らしさ…いつの時代も私たちを惹き付ける「赤」の魅力を探ります。

第3回 立体花のキルト 季節の花便り 椿

最終回 若草物語ジョーのお部屋 ミニチュアキルトで作るドールハウス

家庭用ミシンで作るミシンキルトレッスン Lesson11 ウールのブランケット

野口 光の世界の手仕事から

キャシー中島の親子のキルト便り 
 東京キルト・パリキルト

第5回 三池 道のマンスリーパターン 動物たちのキルト パンダとひょう

針休めの針仕事 ツリーのキャンディボックス




びっくりは↓

キルトジャパン年間購読とは

キルトジャパン一年分(4冊)を毎号ご自宅まで、発売日までにお届けします。
1,300円(本体)+消費税
11月18日までにご注文いただいた場合は、下記4冊のお届けとなります。
1.1月号冬(2013年12月4日発売)
2.4月号春(2014年3月4日発売)
3.7月号夏(6月4日発売)
4.10月号秋(9月4日発売)

次号より年間購読の方だけが見られる、特別なキルトジャパンウェブが誕生します。お申込みいただいた方にご案内しますので、こちらもお楽しみに。

年4冊(現行6冊)に変わるのですね。
そんなに発行部数少ない(売れない)のだろうか?
通信社はどうなのだろう? あちらこそ何冊もキルト雑誌出しているけれど…
そのうちキルターも絶滅危惧種に指定されそう^^b

私、生協を通して年間購読しているのだけど、果たして何号までなのだろう??
まだ終わらない気がする…
今、年間購読の途中って人はどうなるの??

関連記事
* by UN
ちーさんへ

少なくともちーさんで1部減らしているわけですよね。
そういう方って多いに違いない。
私も惰性で買っているけれど、過去ログを見れば十分なのかもしれませんねぇ。
先生方が軒並み海外進出中なのもわかりますねぇ。
海外の方には日本の細かさは(今のとこ)新鮮に違いない。

全く消えたりはしないのでしょうが、とりあえず季刊? 年間購読者の囲い込み?
通信の方の経営も気になります。
(消えてしまっても寂しいし)

* by ちー
昨日、お友達のつぶやきで知って、ビックリだったのでした。
そして、私も「そんなに売れないのかしら?」と…。
そう言う私も、しばらく買ってないんですが。(じっくり読みたい時は、図書館で借りてしまっています。)

先日のPW通信の時にも思いましたが、
ハンドメイドを楽しむ人って、今でも、ある程度の数はいると思うのですが、
細かく手の込んだ物を作ろうって思う人は、減ってきているのかも…ですね。

コメント






管理者にだけ表示を許可する

ちーさんへ

少なくともちーさんで1部減らしているわけですよね。
そういう方って多いに違いない。
私も惰性で買っているけれど、過去ログを見れば十分なのかもしれませんねぇ。
先生方が軒並み海外進出中なのもわかりますねぇ。
海外の方には日本の細かさは(今のとこ)新鮮に違いない。

全く消えたりはしないのでしょうが、とりあえず季刊? 年間購読者の囲い込み?
通信の方の経営も気になります。
(消えてしまっても寂しいし)
2013-10-05 * UN [ 編集 ]

昨日、お友達のつぶやきで知って、ビックリだったのでした。
そして、私も「そんなに売れないのかしら?」と…。
そう言う私も、しばらく買ってないんですが。(じっくり読みたい時は、図書館で借りてしまっています。)

先日のPW通信の時にも思いましたが、
ハンドメイドを楽しむ人って、今でも、ある程度の数はいると思うのですが、
細かく手の込んだ物を作ろうって思う人は、減ってきているのかも…ですね。
2013-10-05 * ちー [ 編集 ]