* AtelierUNな毎日 *

 >  ハンドメイド >  ハンドメイドの本 >  パッチワーク通信 2013年 10月号

パッチワーク通信 2013年 10月号

パッチワーク通信 2013年 10月号 です。
またモダン……。

「花岡瞳&清水良悦 マンスリーキルト」、ついに最終回で~す!
薔薇のお花(それもブロードリーパース)はちょっと意外かな。
アクセサリーは作っていないので…でもポイントに何か欲しいねぇ、やっぱり。
う~ん、考えます。

「郷家啓子のミステリーキルト」 も最終回。
やっぱりすてきね~♪
今から作ったらちっともミステリーキルトじゃないけど、かんがえよう(・・;)

「beloved ポーチ」は指吸さん、QP、松山さん、花岡先生、古澤さん、河田明子さんの、2つずつ。
いっそ指吸さんのにチャレンジしてみる??
花岡先生のは1個作ったことがあったのだなぁ。↓ 

京都キルトショップガイドやキャシーさんのウールの(?!)タヒチアンキルトなど盛りだくさんです。


パッチワーク通信 2013年 10月号

世界中で人気上昇中のモダンキルト。「まずは作ってみましょう」の特別企画で始まる175号です。きれいな明るいカラーでファッションやインテリアにスッと溶け込むキルトや小物をたくさん提案します。秋にたくさん作りたい「beloved ポーチ」の特集ではていねいなハウツー付きでカワイイポーチをご紹介。「キャシー中島style ウールのタヒチアンキルト」も新鮮な作品が登場します。「特別付録オリジナルカットクロス」三回目は松山敦子さんデザインのスマホケース&ミニがま口が作れます。

(主な内容)

大特集: making MODERN QUILTS

特集: キャシー中島style ウールのタヒチアンキルト

特集: beloved ポーチ 

特集: 京都・キルトショップガイド

「秋の”カワイイ”を作ろう」こけしポーチ&スーのミニタペ

最終回
「花岡瞳&清水良悦 マンスリーキルト」
「郷家啓子のミステリーキルト」

連載中
「着物dollのお誂え」安田千恵子さん
「松浦香苗のプリントでたのしむパッチワーク」
「アメリカのモダンキルターたち」





ずいぶん昔のキットです(・・;)
DSC0126211.jpg
コサージュがついているの。

ちょっとイメージ違う?
どちらがお好き?

関連記事
ちーさんへ * by UN
トープ、トープってやり過ぎましたよねぇ。
で、年を取ると明るい色が恋しくなり、小さいピースはつらくなる…(笑)
キルターの年齢、上がってますから~(爆)
でも流行は繰り返しますものね~。そのうちまたトープ!(^_-)-☆

それはそうと、この頃パッチワークや布関係のショップのメール、頻繁に来るようになったと思いません?
売れないのかなぁ。


* by ちー
通信の表紙を見ていると、
パッチワークの流れが完全に変わりつつあるのを感じますね~。
トープの流行りも下火なのかも?なんて思ったりも。

でも、私も、
表紙のこの雰囲気に、すご~くすご~く惹かれてます!(笑)
手持ちの布では難しそうですが…。

コメント






管理者にだけ表示を許可する

ちーさんへ

トープ、トープってやり過ぎましたよねぇ。
で、年を取ると明るい色が恋しくなり、小さいピースはつらくなる…(笑)
キルターの年齢、上がってますから~(爆)
でも流行は繰り返しますものね~。そのうちまたトープ!(^_-)-☆

それはそうと、この頃パッチワークや布関係のショップのメール、頻繁に来るようになったと思いません?
売れないのかなぁ。

2013-08-27 * UN [ 編集 ]

通信の表紙を見ていると、
パッチワークの流れが完全に変わりつつあるのを感じますね~。
トープの流行りも下火なのかも?なんて思ったりも。

でも、私も、
表紙のこの雰囲気に、すご~くすご~く惹かれてます!(笑)
手持ちの布では難しそうですが…。
2013-08-27 * ちー [ 編集 ]