* AtelierUNな毎日 *

 >  ハンドメイド >  ハンドメイドの本 >  パリの手芸屋さんのクロスステッチ ―400点のモチーフでつくるかわいい小物

パリの手芸屋さんのクロスステッチ ―400点のモチーフでつくるかわいい小物

買おうかどうしようかずいぶん迷っていたのですけれど、ついに、結局、とうとう買ってしまいました。

パリの手芸屋さんのクロスステッチ ―400点のモチーフでつくるかわいい小物

か わ い い 

クロスステッチに少しブラックワーク(黒じゃないけど)も入れて繊細に描いてます。

クロスステッチは、もうずいぶんご無沙汰で、でも本は増えていく…あ、キットも…

絵本、えほん・・・ジュモン・・・(笑)

眺めているだけで し あ わ せ 


パリのメルスリー(手芸屋)ってあこがれですよねぇ。
近所の知人がパリとロンドンの手芸屋さんめぐりを敢行してきたらしいのですけれど、あまりうまくお買い物できなかったみたい。
あこがれているうちが花なのかもしれません。

パリの手芸屋さんのクロスステッチ ―400点のモチーフでつくるかわいい小物
刺しゅう職人やお針子たちが長年愛用している道具やアイテムには、ノスタルジックでゆったりとした時の流れを感じます。
本書では、パリの手芸屋さんをテーマとして、手芸バサミ、ボタン、ボビン、糸巻きなど、愛らしいモチーフ400点をクロスステッチの図案として紹介。
単品モチーフ使いや一枚の絵として、どれも応用が利くものばかり。また、美しい写真と共にピンクッション、ハサミケース等の15作品の作り方も掲載されています。

『スイーツがかわいいクロスステッチ from Paris」に続く、パリからやってきた愛らしいモチーフがいっぱいのクロスステッチ図案集の完全和訳版です。
今回のテーマは、「パリの手芸屋さん(メルスリー)」。日本の読者にわかりやすいように、巻末には、日本語版限定、詳しい作品の作り方の付録ページつきです。




関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する