* AtelierUNな毎日 *

 >  観劇・音楽 など >  シェイクスピア >  残念な『ヴェニスの商人』

残念な『ヴェニスの商人』

venis.jpg楽しみにしていた蜷川シェイクスピアの『ヴェニスの商人』
亀ちゃん、もとい猿之助さんのシャイロックだし。

地方公演の速報が出て
大阪は…兵庫県立芸術文化センター(西宮北口駅近)に変わり
金の夜公演から土日祝…だけ。
主婦には来るなって言ってるのかなぁ
ま、結局は商業演劇ですからねぇ。
マーケティングの結果なのでせうね。
歌舞伎を見習えと言いたいところだけど。

1回途切れたら行かなくなる予感(・・;)

『ヴェニスの商人』

 蜷川幸雄の演出/監修のもと、これまで次々と話題作を送り出してきた彩の国シェイクスピア・シリーズ。その中でも、“オールメール・シリーズ”と銘打たれたシリーズは、シェイクスピアの時代に倣って全ての役を男性キャストが演じ、人気となっています。
 シリーズ通算第28弾、オールメールの第7弾となるのは、日本でも高い知名度を誇る戯曲『ヴェニスの商人』。これまで幾度となく上演されてきた名作に、‘世界のNINAGAWA’が挑みます。主演は歌舞伎俳優の市川猿之助。オールメール第5弾の『じゃじゃ馬馴らし』の<じゃじゃ馬>キャタリーナで女形を演じ喝采を浴びた彼が、今度は世界の名優たちが演じたがってきた悪役シャイロックに扮します。共演陣も、ストレートプレイやミュージカルで活躍する中村倫也、蜷川組の常連である石井愃一や横田栄司、映像・舞台に活躍する高橋克実と、いずれ劣らぬ個性派が揃いました。彩の国シェイクスピア・シリーズ最新作『ヴェニスの商人』に、どうぞご期待ください。


あらすじ

 舞台は貿易都市ヴェニス。ある日、貿易商を営む裕福な紳士アントーニオのもとに、年下の親友バサーニオが借金の申込にやってくる。彼は才色兼備で大富豪の令嬢であるポーシャにプロポーズをしようとしており、そのための元手をアントーニオに頼ってきたのだ。生憎と全財産が海を渡る船の上にあったアントーニオは、自らを保証人として借金をするよう、バサーニオに勧める。ところがバサーニオが借金を申し込んだのは、よりによってアントーニオの天敵とも言うべき、高利貸のシャイロックだった――。


演出:蜷川幸雄

作:W.シェイクスピア

翻訳:松岡和子

出演:市川猿之助、中村倫也、横田栄司、大野拓朗、間宮啓行、石井愃一、高橋克実 ほか



Read More

img201_R.jpg

img202_R.jpg




関連記事

Return

コメント






管理者にだけ表示を許可する