* AtelierUNな毎日 *

 >  暮らし >  微熱

微熱

微熱って何℃くらいのことを思われます?

今朝からちょっと熱っぽくてちょっとしんどい気がするのだけど、計ったら36.7℃。
平熱が低いのでちょっと熱っぽいって感じなのですが、思い出したのがとある開業医。
36.9℃あって微熱だと言ったらすげなく「37℃以上が微熱です」
でも平熱が低いからって言っても「関係ありません。37℃以上が微熱です」
医学的には37℃以上を発熱とカウントするのかもしれませんけれど、大学病院の医者ならこんなものかと思うけれど、町医者なのだもの、患者(=客)が微熱だって言ってるんだから微熱でいいでしょう?カルテには好きに書けばいいじゃない。
平熱が37℃の人もいるのだし、平熱より0.5℃以上くらい高いと熱っぽくしんどいって感じますよねぇ?
妙なことを思い出して、また熱が上がったような気がしたUNでした。

昨日からGWが始まっているようで、とりあえず三連休。三日空けて、四連休。
雨はウィークデーに降るみたいで、遊びに行かれる方にはよいかなぁ。
我が家のGWはいつも通り特に出かけることもなく、でも息子たちが帰ってくるので大掃除(特に台所^^b)&お布団干したりで忙しい…などと殊勝に思うから熱が出るのよねぇ(・・;)
まあ、サボっていいほどの熱でもないけれど…なんせ医学的に微熱とも認めてもらえない…(笑)

mini_130428_15040001.jpg
もう1ヶ月以上ちくちくしてないなぁとフト気づいて、とりあえず始めたのはパッチワーク通信の付録。
黄色って使うことが少ないので、新鮮で楽し~い!

でも付録にあるのは黄色のプリント布と紺色のチェックの布のみ。
上の文字の布や、中袋の布、ファスナーなどは含まれていないのだなぁ。
たまたまそれらしいのを持っていましたけれど、なかなか悩ましい付録です。
付録だけでできる提案もあればいいのにと思います。
望みすぎ?

関連記事
ちーさんへ * by UN
まあ、医者に決めてもらわなくても自分の体調は自分でわかるってものですよねぇ。
"微熱"でその医者に掛かったわけではないのですけれど、どちらみち"微熱"なんてものは医療の対象になってない気がします。

いやあ、私も自分で「中身が見たい」って言ったことはないんですけど、近所の本屋さんに知人が居て「そうしてね」って言ってたのと、他の書店で「中を確認したい」って言って開けてもらっている人を見たことがあるので。
スーパーの一角の雑誌コーナーはムリかもしれないけれど、本屋さんならそうしてくれていいと思います。
でも、ちーさん、買いそうですよね?(・・;)
モダンキルトもどんなもんだか読んで置かれてもいいかもしれません。(私が前に「ミシンキルトの人はこういう発想するのか~」って感激した洋書がありましたけど、それに比べれば中途半端ですけど…)
そう、せめて外側だけでも付録のみで作れたらよいのですけれど、本のとおりに作ろうとすると外側だけで2種類の布が要るのです。
指示された裁ち方でなければ、付録のみでぎりぎり外側だけはできるということが後で分かりましたけど、もしちーさんがそうされたいのならこっそり聞いてください。
次の付録は藤田先生だそうで、同じようなテイストが続きますね~。
通信はしばらくモダンキルトonlyなのでしょうか。一時トープonlyでしたけどねぇ。

* by ちー
一般的にはそうらしいって話を聞きますけど、
平熱よりどれくらい高いか…の方が大事だと思うんですけどね~。
杓子定規に言われても…という気がします。

これが、通信の付録なんですね~。
お写真を見て、ちょっと気持ちが揺れてます。
(でも、まだ、近所の本屋さんに「中身を見たい」って言ってないんです。見たら買わずには帰れなくなりそうな気もして…←小心者です)
付録+手持ちの布でというのは、テイストの合う布を持っていればいいですが、
そうじゃないと、ちょっと難しいですよね~。
せめて、外側だけでも、付録のみで作れたらいいのに、とも思います。

コメント






管理者にだけ表示を許可する

ちーさんへ

まあ、医者に決めてもらわなくても自分の体調は自分でわかるってものですよねぇ。
"微熱"でその医者に掛かったわけではないのですけれど、どちらみち"微熱"なんてものは医療の対象になってない気がします。

いやあ、私も自分で「中身が見たい」って言ったことはないんですけど、近所の本屋さんに知人が居て「そうしてね」って言ってたのと、他の書店で「中を確認したい」って言って開けてもらっている人を見たことがあるので。
スーパーの一角の雑誌コーナーはムリかもしれないけれど、本屋さんならそうしてくれていいと思います。
でも、ちーさん、買いそうですよね?(・・;)
モダンキルトもどんなもんだか読んで置かれてもいいかもしれません。(私が前に「ミシンキルトの人はこういう発想するのか~」って感激した洋書がありましたけど、それに比べれば中途半端ですけど…)
そう、せめて外側だけでも付録のみで作れたらよいのですけれど、本のとおりに作ろうとすると外側だけで2種類の布が要るのです。
指示された裁ち方でなければ、付録のみでぎりぎり外側だけはできるということが後で分かりましたけど、もしちーさんがそうされたいのならこっそり聞いてください。
次の付録は藤田先生だそうで、同じようなテイストが続きますね~。
通信はしばらくモダンキルトonlyなのでしょうか。一時トープonlyでしたけどねぇ。
2013-04-29 * UN [ 編集 ]

一般的にはそうらしいって話を聞きますけど、
平熱よりどれくらい高いか…の方が大事だと思うんですけどね~。
杓子定規に言われても…という気がします。

これが、通信の付録なんですね~。
お写真を見て、ちょっと気持ちが揺れてます。
(でも、まだ、近所の本屋さんに「中身を見たい」って言ってないんです。見たら買わずには帰れなくなりそうな気もして…←小心者です)
付録+手持ちの布でというのは、テイストの合う布を持っていればいいですが、
そうじゃないと、ちょっと難しいですよね~。
せめて、外側だけでも、付録のみで作れたらいいのに、とも思います。
2013-04-28 * ちー [ 編集 ]