* AtelierUNな毎日 *

 >  観劇・音楽 など >  シェイクスピア >  『ヘンリー四世』

『ヘンリー四世』

img181.jpgimg182_R_R.jpg

彩の国シェイクスピア・シリーズ第27弾 ヘンリー四世 @ シアター・ドラマシティ を観てきました。

主役はタイトルロールであるヘンリー四世ではなく、松坂桃李くん演じるハル王子(ヘンリー五世)でもなく、吉田鋼太郎さん演じる無頼の徒フォルスタッフでした。
吉田鋼太郎さんがこんな軽みのある役を演じられるのは初めて見て、ユーモアの中のペーソスがさすがで、よかった。
ハンプティダンプティもかくやという着ぐるみ状態で4時間以上の舞台で、ほんとうにご苦労さまです。
失礼ながら初めていいと思いました。

松坂桃李くんは予想以上に舞台、そしてハル王子にフィットしていて、上手いものだなぁと感心。
舞台でもやれますね。

あとの方たちはおなじみのメンバーで、みなさん芸達者でいらっしゃるのでいいのですけれど、今回星智也さんが大きい(セリフの多い)役なのですけれど、ちょっと説得力がなかったかなぁ。

舞台の使い方等、演出が新味で、面白かった。妙な和調がなかったし。
客席を縦横無尽に使って、客いじりも再三再四。

mini_130509_1237.jpg
唐沢寿明さんからお花届いているなぁと思って入ったら、すぐ近くのお席にご本人がいらっしゃってビックリ!

さすがのオーラでした。

目立たないようにされるのかと思ったら、カーテンコールで一番先にスタンディングオベーションされてましたよ。


彩の国シェイクスピア・シリーズ第27弾『ヘンリー四世』

彩の国シェイクスピア・シリーズ第27弾は、『ヘンリー四世』を上演します。シェイクスピアの最も洗練された歴史劇と言われる本作は、飲んだくれの不良中年騎士フォルスタッフと、後に名君ヘンリー五世となる若きハル王子というシェイクスピアの生んだキャラクターの中でも人気の二人を軸に描かれます。

今回の上演では、2部作に及ぶ壮大な物語を松岡和子さんが翻訳、河合祥一郎さんの構成により1本の作品に凝縮してお贈りします。ハル王子の先導役であるフォルスタッフをシェイクスピア俳優として海外でも評価の高い吉田鋼太郎が、英雄ヘンリー五世へと成長していくハル王子を本作で蜷川作品初出演となる松坂桃李が演じます。

国内はもとより海外からも熱い注目を集める彩の国シェイクスピア・シリーズ最新作『ヘンリー四世』にどうぞご期待ください。

演出:蜷川幸雄

作:W.シェイクスピア

翻訳:松岡和子

構成:河合祥一郎

出演:吉田鋼太郎/松坂桃李/辻萬長/たかお鷹/磯部勉/立石凉子/間宮啓行/鳥山昌克/冨樫真/星智也


2013年5月7日(火)~12日(日)
シアター・ドラマシティ




mini_130509_1236.jpg

久光が後援に入っているのが12回なのかしらねぇ。
第9回の『じゃじゃ馬馴らし』から観ています。(『シンベリン』はここに入っていない)
次はまたオールメールの『ベニスの商人』で、亀ちゃん、もとい猿之助さんがシャイロックを演るそうです。
楽しみ!
誰がポーシャ演るんでしょうね? 中村倫也くんなのかな?
猿之助さん相手に丁々発止、がんばってほしいものですね。

Read More



本音貫く老騎士 「ヘンリー四世」で吉田鋼太郎 @朝日新聞2013年04月14日
 
 【井上秀樹】日本を代表するシェークスピア俳優の一人、吉田鋼太郎が、持ち前のこわもてを封印する。13日開幕の「ヘンリー四世」で、滑稽キャラのフォルスタッフで暴れ回る。「ここまで本音で生きる男はいない」変わり種。扮する太った腹に、何か一物ありそうだ。

 戦乱の15世紀英国に生きる老騎士フォルスタッフは、イングランド王ヘンリー四世の息子ハル(松坂桃李)とつるむ。建前も使う王子ハルとは対照的に、言動は本音だらけだ。酒も女も大好き。常に楽をして、手柄は独り占めしようとする。「実はみんながやりたいことなんじゃないかな。自分にもその場しのぎ的に生きているところがあるので、よくわかるな」

 とはいえ、身近にいたら迷惑では。「どこかチャーミングで憎めない。人に害は及ぼさないし、ウソは見破られる」。むしろ観客には同情してもらいたいという。「悪党ではなくて、欲望に忠実な人間だから」

 主宰する劇団AUNでシェークスピア劇の演出も手がける。高校生の時、教師に薦められて見た「十二夜」で、はまった。

 今作を演出する蜷川幸雄と、シェークスピア劇についての立ち位置は同じだと考えている。見せ場を劇的に見せられるよう、役者には実力を超越した演技が必要だ、と。「なぜ人を殺したくなる激情に駆られるか。そこまで持っていかないと面白くない」。1月に心臓を手術した蜷川は「前よりも肉体的に元気。演出でもいろんなことを的確に繰り出す」という。

 一方、共演の松坂を「心が折れないやつ」と評する。立ち回りや朗誦(ろうしょう)法など、初めての体験を次々こなし、蜷川の細かい指導にも食らいつく。シェークスピア劇に向いている、とみる。その条件とは?

 「せりふに疑問を持たず、面白いじゃん?とか、快感じゃない?って思える人。それと、シェークスピアをやりたい人間は究極の見せたがり。長ぜりふの間、客の目線を集めて、多種多様なやり方でできるわけじゃないですか」

 冬に放送されたドラマ「カラマーゾフの兄弟」では、強欲かつ横暴な父親役で強い印象を残した。「人間のドロドロしたものをテーマにするドストエフスキーは、シェークスピアと似ているんですよね」。演じ方は舞台と変えなかった。

 自分の本音を表現し、観客の共感を集める劇作家と仕事をしたいという。井上ひさしが書き下ろした「ムサシ」に出演した体験は強烈だった。旬の劇作家が、今の俳優に向けて書いた戯曲に、また巡り合いたい。「古典ばっかりやるのも、実は忸怩(じくじ)たるものがある」。役者は、本能に忠実だ。

     ◇

 5月2日まで、さいたま市の彩の国さいたま芸術劇場大ホール。訳は松岡和子、構成は河合祥一郎。他に木場勝己、立石涼子ら出演。9千~5千円。0570・064・939(劇場)。大阪、福岡、豊橋を巡演。




koutarou.jpg


関連記事

Return

コメント






管理者にだけ表示を許可する