* AtelierUNな毎日 *

 >  暮らし >  まるで振り子のように

まるで振り子のように

昨夜早くから分かっていたことだけど、今朝起きて自公で325議席の結果には、絶望感に打ちひしがれた。

脱原発も憲法9条もどうでもよかったのか。
なんだかんだ言って、国民は今さえよければいいのか。

この戦後最低の投票率。
投票に行かなかった人は、結局自公に投票したことになると自覚してほしい。

小泉の郵政改革プロパガンダ(改革??改悪だった)に乗ってあっちに振れ、民主党の大勝に振れ、自公の衆院2/3確保に振れる…まるで振り子。

自公に325議席与えると言うことは、なんでもできるということ。
次の参議院選挙がどうなろうと関係ない。

真っ先に憲法改正をすると言う。
アメリカのいいなりで9条を作り、アメリカのいいなりで9条を破棄する。
原発ももちろんOK! アメリカの企業からウランを買い続け、ゴミ捨て場を提供する。この地震国で。

たぶん、今回当選した泡沫議員は次の選挙では落ちるだろう。
(そういう意味では民主党の今回落ちた面々はしょせん泡沫議員だったわけだが。)
でもその前にどれだけの事柄が決められてしまうだろう。
大政翼賛会の匂いを嗅ぐのは私だけではあるまい。

若い人たちのために憂うのだよ。



関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する