* AtelierUNな毎日 *

 >  暮らし >  東日本大震災~原発 >  脱原発で日独協力強化、メルケル首相が表明

脱原発で日独協力強化、メルケル首相が表明

脱原発で日独協力強化、メルケル首相が表明
2012.9.17 22:32

 ドイツのメルケル首相は17日の記者会見で、日本政府が「2030年代に原発稼働ゼロを可能とする」との新エネルギー戦略を決めたことについて、脱原発実現に向け「協力を強化し、経験を共有していきたい」と述べた。ドイツは東京電力福島第1原発事故を受け、22年末までの脱原発を決定している。

 ドイツは脱原発に伴い、風力や太陽光発電など再生可能エネルギーの普及を進めている。首相は「福島の事故以来、日本とはエネルギー政策で緊密な協力をしてきた。喜んで協力を続けていきたい」と表明。再生エネルギーの開発や電力使用の効率化が両国の共通課題だと指摘した。

 ドイツでは送電網が十分に整備されておらず、電気代高騰が懸念されているが、「われわれがどう取り組んでいくのか、日本のような国々が注目している」と述べ、予定通りに脱原発を実現する決意を強調した。(共同)




こういうニュースって、大手マスコミでは流れないですよねぇ。

中国の不毛なデモを長々と流している暇にやることいっぱいあるでしょうに…。

あのデモの様子を長々と、どの局でも、どの時間でも扇情的に流すのは、なんのため?
何を隠しているの?
中国(人)に嫌悪感を抱かせたい?
韓国が中国に乗じて行動しないのはなぜ?
中国のデモのことを韓国とか諸外国ではどう報道しているの?

知りたいことはいっぱいあるのにねぇ。


関連記事