* AtelierUNな毎日 *

 >  暮らし >  東日本大震災~原発 >  福島・子供の甲状腺検査

福島・子供の甲状腺検査


クローズアップ2012:福島・子供の甲状腺検査 山下俊一・福島医大副学長(甲状腺検査責任者)の話
毎日新聞 2012年08月26日 東京朝刊


 ◇「親の声、謙虚に聞く」

 福島医大で甲状腺検査の責任者を務める山下俊一副学長に、課題を聞いた。

 −−検査の目的は。

 ◆県民の健康増進のための医療サービスで、決して調査研究ではない。WHO(世界保健機関)の推計で、福島住民の被ばく線量はどんなに高くても100ミリシーベルト。100ミリシーベルト以下の健康リスクは明らかには証明されていない、または非常に小さいというのが科学者の国際的合意だ。

 −−県外でセカンドオピニオンを求める保護者が増えているが。

 ◆改善策を考えなければならない。医師の考え方とお母さんの立場にギャップがある。謙虚に声を聞き、信頼関係を築きたい。

 −−放射線の影響をどう判断するのか。

 ◆小さながんも見つかるだろうが、甲状腺がんは通常でも一定の頻度で発症する。結論の方向性が出るのは10年以上後になる。県民と我々が対立関係になってはいけない。日本という国が崩壊しないよう導きたい。チェルノブイリ事故後、ウクライナでは健康影響を巡る訴訟が多発し、補償費用が国家予算を圧迫した。そうなった時の最終的な被害者は国民だ



はあ??? どういう意味??
健康被害が出ても補償は求めるなと言うこと??
見殺しということ??

10年後、どうせ、フクシマの影響かどうか科学的に証明できないとか何とか言うんでしょ?
だから訴訟になるんでしょ?

こういう発言が、次次 隠そうとしてもボロボロ出てくるから、原発は0に、再稼働反対、がれきを移動させるなって動きになるんじゃないの!!


関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する