* AtelierUNな毎日 *

 >  暮らし >  天声人語 今日付け

天声人語 今日付け

久しぶりにわが意を得たりと思った天声人語。
ここに残しておこう。

 日本語にしにくい英単語がある。「イニシアチブ」は率先、主唱、主導権などと訳すが、どうもしっくりこない。そういう振る舞いは私たちの柄でないのかもしれない。とかく「出るクイ」を疎む国民性である▼ゆえに新鮮、かつ胸のすく姿だった。国連の気候変動サミットで、温暖化ガス削減の新目標を打ち上げた鳩山首相だ。前政権の3倍超という野心的な数字は、喝采の中で国際公約になった▼大排出国の米国、中国は牽制(けんせい)し合い、大した約束をしていない。新首相のスタンドプレーで国民や企業が不公平に泣くことはないか。そんな懸念もあろう。外交舞台では人気者より、ずる賢い嫌われ者が国益を守ることがままあるからだ▼だが、人類の存亡にかかわる危機は切迫している。主要国のどこかが「地球益」を抱えて駆け出さなければ何も動くまい。そして日本が走るなら、政権交代に世界の目が集まる今である。途上国支援を鳩山イニシアチブと自称したのも、日本の型を破る自己主張だった▼もちろん、欧州勢は絶賛だ。海千山千たちにハシゴを外されないよう用心しながら、これからも得意の「非軍事」で汗をかくのが日本の正道だろう。そうして蓄えた国際社会の尊敬と信用は、いずれ国を救う。目先の、ちまちまとした損得よりよほど意味がある▼この国が、慣れぬ手で握りかけた主導権だ。かくなる上は米中や途上国を動かし、国内の説得に努めるしかない。「格好よさ」に見合う責任が鳩山政権にのしかかる。追従しない外交とは、本来そういうものである。


核武装するとか軍需産業で儲けるとか、そういう前時代的な発想は安易で、そのくせ危険で、人類に、そして地球になにもいいことはもたらさない。
軍事力で国覇を競うのはもう時代遅れだ。
そのことに気づくのが叡智というものだと思う。
見かけのGDPを増やして、マネーゲームをして、何が得られるのか、どこがおもしろいのか。
大陸の落ちこぼれの遺伝子を持つ友愛精神に富んだ我が日本人(「Y染色体からみた日本人」中堀豊著)がやれること、やらなければいけないこと、もっともっと考えたらいいと思う。


あ、だからって民主党や鳩山さんの信奉者だと思われても困るけどね(-_-;)
是々非々です、あくまでも。
あしからず。

例えば、子ども手当について
鳩山さんは「教育への投資であると同時に、消費刺激策であり、少子化対策となる」と国連で演説したが
まともな親なら、いつまでもらえるかわからないお金を使ったりせずに将来のために置いておくだろうし、いつまでもらえるかわからないのに子ども手当を当てにして新たに子どもを産んだりはしない。
こないだ自民党が配った、えっといくらだったっけ?¥12000だったっけ?と同じことだ。
こういうものをばらまくより、保育所の増設とか保育時間を長くするとか、高校生、大学生の成績優秀者にステータスになるような返さなくてよい奨学金を与えるとか、いくらでもお金の使い道はあるだろう。

マニフェストに書いたからっていうバカげた理由で、すべての政策が国民の支持を得ているとは考えない方がいい。

関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する