* AtelierUNな毎日 *

TOP >  観劇・音楽 など >  シェイクスピア >  「トロイラスとクレシダ」

「トロイラスとクレシダ」

tro1.jpgtro2.jpg

今年2つめの蜷川シェークスピア。

トロイラスとクレシダ

オール・メール(男優のみで演じる)です。

トロイ戦争を背景に男女の別離を描いた悲劇と一口で言ってしまってはちょっと違って、戦争そのものも皮肉っぽく描いていて、なかなか興味深かった。
が、枝葉が多いストーリーは完結せず終わり…不条理劇?

シェークスピアの長台詞、若い俳優さんが多くみなさん苦労されたみたいで、年と共に温厚になったと評判の蜷川さんから久しぶりに怒号と灰皿が飛んだとか…(・・;)

キャストは適材適所でよかった。
イケメン揃いで目の保養(笑) 
アキレウスの星智也さん、初見。低音がステキでした。

mini_120910_1212.jpg
舞台一面、ヒマワリが群生しているのだけど、背の高い大きな花はじゃま!
一度はけたので、安心したらまた出てきて、結局ずっと出たり入ったり…
野外であることを表現しているのでしょうけれど、何もヒマワリでなくても…

トロイラスとクレシダ @シアター・ドラマ・シティ

演出
蜷川幸雄


W.シェイクスピア

翻訳
松岡和子

出演

山本裕典(トロイラス)
月川悠貴(クレシダ)
細貝圭(アイアス)
長田成哉(パトロクロス)
佐藤祐基(パリス)
塩谷瞬(ディオメデス)
内田滋(カサンドラ)

小野武彦(パンダロス) ほか

美しき男たちによる、オールメール・シリーズ第6弾、喜劇から悲劇へ。
“愛”と、“闘争”と、“官能”!!

たとえ愛のための戦争であっても、そこには悲劇しか生まれない。

彩の国シェイクスピア・シリーズ第26弾は、
『お気に召すまま』『間違いの喜劇』『恋の骨折り損』『から騒ぎ』『じゃじゃ馬馴らし』に続く、
人気沸騰のオール・メール《男性俳優のみ》の上演。
これまでの喜劇5作品は、いずれも大きな話題を巻き起こした。
今作で、同シリーズ初の悲劇を蜷川幸雄が手掛ける。
主演トロイラスには『じゃじゃ馬馴らし』の好演が記憶に新しい山本裕典。
クレシダ役には娘役で高い評価を得ている月川悠貴。
ほか見目麗しく、実力を兼ね備えた俳優陣が顔を揃えた。
シリーズ第25弾『シンベリン』で国内外から絶賛された世界のニナガワが、
日本での上演の少ない『トロイラスとクレシダ』に挑む!この貴重な機会を見逃せない!!

【ストーリー】
トロイ戦争のさなか、トロイの王子トロイラス(山本裕典)は、神官の娘クレシダ(月川悠貴)に狂おしいほど思いを寄せていた。クレシダの叔父パンダロス(小野武彦)の取り持ちによって、2人は結ばれる。永遠の愛を誓い合った2人だが、捕虜交換によりクレシダは敵国ギリシア軍へ送られる。時がたち、軍使としてギリシア陣営に訪れたトロイラスが見たものは、敵将ディオメデス(塩谷瞬)と抱き合っているクレシダの姿だった―引き裂かれた愛の行方と先行きの見えない戦局を取り上げた異色劇。




買っただけで読んでいないシェイクスピア全集23 トロイラスとクレシダ (ちくま文庫)

この蜷川シェークスピアのために訳される松岡版なのですけれど、予習しておこうとは思って買うんですけど、読めた試しがありません。(買うなって??)
脚本って読みにくいんですよねぇ。
慣れないだけかなぁ。
観てからなら読めるという話なので…(・・;)


【追記】2012/9/12

月川悠貴(クレシダ)くんは、この後ドラマが続いていたらクレシダは自殺しただろうと思って演じているという。
本を読んでみて改めて思うのだが、クレシダは、実際自分でもそう言っているけど、"不実"のクレシダであるべきで、トロイアスに永遠の愛をささげているなんていう印象を与える演じ方はおかしいのだと思う。
月川クレシダの与える印象が納得できず、本まで読むことになってしまった。
自分でクレシダは演じられないと一度は断ったと聞く。
どす黒い腹を持った色悪役は、やはり難しかったのではないのか…。


関連記事

Last Modified : -0001-11-30

Comments







非公開コメント