* AtelierUNな毎日 *

 >  建築 >  奈良の近代建築をたずねて その1

奈良の近代建築をたずねて その1

120501-1.jpg奈良女子大学の短期集中公開講座「奈良の近代建築をたずねて」に参加しました。
座学とフィールドワークのなかなか盛りだくさんな講座です。

富崎副学長の奈良女子大学の沿革のお話のあとは、文学部小路田教授の「古都」奈良の誕生の講義。
実は↓の本に書かれている内容で、私、この本持ってるんですけど、あまり真剣に読んでなかったのですね。
面白く拝聴。
後で読みなおしてみます。
邪馬台国の謎に迫る新見解も!(あまり賛同者はいないそうですが…ヾ(・・ )ォィォィ)
大学的奈良ガイド―こだわりの歩き方

用事があったので、今日の2講目は欠課。
明日は体力勝負のフィールドワーク。
がんばります!


120501-1 - コピー「奈良の近代建築をたずねて」<短期集中講座>
2012年5月1日(火)~5月4日(金)
@奈良女子大学社会連携センター

「古都」奈良の誕生を学び、そして明治から昭和初期にかけて建てられた奈良の近代建築(奈良女子大学、南都銀行本店、奈良国立博物館、仏教美術資料研究センター、奈良少年刑務所など)について講義を交えフィールドワークで学ぶ4日間の集中講義です。建物だけではなく、建物内での「心」に触れる講義、青垣をなす山々を眺めることができる王隠堂邸では万葉集の詠われた風景についての講義もあり、総括的に学んでいただけるプランです。

受講料:¥8,000
120501-2 - コピー






奈良の近代建築をたずねて その2

奈良の近代建築をたずねて その3



関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する