* AtelierUNな毎日 *

 >  美術展関連 >  光と影のファンタジー 藤城清治 影絵展

光と影のファンタジー 藤城清治 影絵展

img140_20120413085842.jpg母が"暮らしの手帖"を取っていて、毎号見ていたので藤城清治さんの影絵はとても懐かしい存在です。
中学の美術のスパッタリングの課題で、藤城さんの影絵の雰囲気を参考に、緑~青の様々な色のスパッタリングを重ねて水を表現して、美術室の前の掲示板に貼り出してもらったこともありました。
その藤城清治さんの展覧会

光と影のファンタジー 藤城清治 影絵展

200点以上の"光と影のファンタジー"に酔いしれました。
ほんとうに見事!
懐かしいトレードマークのこびとさんたちにもたくさん会えました!

最近の活動はあまり知らなかったのですが、聖書の物語や日本の名所、そして奈良展のために今年制作された作品など、まだまだお元気で精力的に活動されているご様子に安堵しました。

鉛筆で描かれた奈良のスケッチも味があってステキで、これはこれでいいなぁと…。


img141.jpg6月24日までと長いので、また行くチャンスがあればいいなと思います。

よろしかったらココ(美術館のサイト)から割引券がDLできます(¥1200→¥1000)

SN3S0788.jpg
美術館横の八重桜。
ソメイヨシノはもう散ってしまいました。



SN3S0789.jpg

↑の左のお花は、太田光代さんと光さんからのものです。

太田光さんのマボロシの鳥を藤城清治さんが絵本にされたご縁でしょうね。

絵本 マボロシの鳥
いつの時代の、どこの国の話かはわからない。
その日、場末のオリオン劇場には、入りきれないほどの観客がつめかけていた。だれも、かれも目的はただひとつ。魔人チカブーの芸、「マボロシの鳥」を見ること。
ところが強欲支配人が客をつめこみすぎ、空気を入れようと天窓が開けたせいで、マボロシの鳥は飛び去ってしまう……。
新潮社より2010年に刊行された爆笑問題・太田光の短編小説集『マボロシの鳥』の表題作を、現代を代表する影絵作家、藤城清治が絵本化。
ふたつのイマジネーションが共鳴しつつ高みへといたる、まさに奇跡のコラボレーション!


この物語をよくぞこんなステキな絵本にされたと、衰えない藤城さんの想像力に感激しました。

米寿記念特別展 光と影のファンタジー 藤城清治 影絵展

日本における影絵作家の第一人者藤城清治―藤城の創りだす作品は幻想的で、鮮やかな色彩で彩られています。童話や聖書、実在する風景や建造物まで、藤城が描きだす作品のテーマの多様さは見るものを飽きさせません。作品に光を透すことで生まれる光と影のコントラストと豊かな色彩は、今までに見た事のない圧倒的な世界観を創りだし、多くの人々の感動を呼んでいます。88歳を迎えてなお精力的に創作活動に向かい、独自の世界を切り開き人々に夢と希望、そして 癒しを与え続けています。
  本展ではモノクロのシンプルな初期作品から最新作、油彩画、水彩画などもあわせて200点以上を展示いたします。


藤城清治
 1924年4月17日東京生まれ。慶応大学経済学部卒業。在学中に猪熊弦一郎、脇田和に師事して新制派展などに油彩画を出品する一方、人形劇と影絵劇の創作を開始。卒業後、テアトル東京に就職。
雑誌「暮しの手帖」に影絵を連載。人形と影絵の劇団ジュヌ・パントル(のちの木馬座)を結成。現在は国内の常設美術館のほか、国内外各地での展覧会で多くの人に感動を与え続けている。
紫綬褒章、勲四等旭日小綬章、日本児童文芸家協会児童文化特別功労賞 、金のりんご賞等受賞。



平成24年4月7日(土)~6月24日(日)

奈良県立美術館
奈良市登大路町10-6




kumamoto.jpg
熊本県立美術館でも、熊本をテーマに描いた新作を含め150点が展示されているそうです。(3月30日(金)~5月13日(日))



←"アリスのハート"
韓国ソウルのロッテ百貨店・名品館のイメージキャラクターとなった作品。






関連記事
blueroseさんへ * by UN
この2つの他にもあちらこちらのデパートで版画展(影絵を版画にしたもの)をやられてて、そのどこにでもサイン会を予定されていて…
海外でも作品展をされていますしねぇ。
新作を作られるだけでもすごいエネルギーだと思うのですけれど…
ほんとうに米寿記念だなんて銘が付いているとびっくりしてしまいます。
見習うなんてと~んでもない…(・・;)

* by bluerose
こんにちわ♪
藤城先生本当にいくつになっても精力的ですね~見習いたいです。
昨年は藤城先生の展示会2か所行きました。今年もどこかへ行きたいな~

コメント






管理者にだけ表示を許可する

blueroseさんへ

この2つの他にもあちらこちらのデパートで版画展(影絵を版画にしたもの)をやられてて、そのどこにでもサイン会を予定されていて…
海外でも作品展をされていますしねぇ。
新作を作られるだけでもすごいエネルギーだと思うのですけれど…
ほんとうに米寿記念だなんて銘が付いているとびっくりしてしまいます。
見習うなんてと~んでもない…(・・;)
2012-04-20 * UN [ 編集 ]

こんにちわ♪
藤城先生本当にいくつになっても精力的ですね~見習いたいです。
昨年は藤城先生の展示会2か所行きました。今年もどこかへ行きたいな~
2012-04-20 * bluerose [ 編集 ]