* AtelierUNな毎日 *

TOP >  暮らし >  郡山城址公園の桜

郡山城址公園の桜

mini_120410_1026.jpg
「明日はまた嵐。お花見は今日行って下さい」という朝からの天気予報の声に背中を押されて、日本さくら名所100選の郡山城址公園に行ってきました。

青空とはいかないので、ちょっと桜が映えません(>_<)
ソメイヨシノは色が白いのですね。


mini_120410_1027_20120410191000.jpg

mini_120410_1022.jpg

mini_120410_1055_20120410190343.jpg

mini_120410_1044.jpg

mini_120410_1104.jpg
奈良は良質な石材が乏しかったため、奈良一帯の各戸に五郎太石の提供を義務付け、寺院の石地蔵や墓石、仏塔なども徴発され石垣石として使用された。中には、平城京羅城門のものであるといわれる礎石が使われていたり、8世紀ごろの仏教遺跡である「頭塔」(奈良市)の石仏が郡山城の石垣の中から見つかっている。@Wiki

きちんと組めていないので、壊れそうで怖い…。

mini_120410_1059_20120410191100.jpg
城内にある柳沢神社本殿。
柳沢吉保とその子で郡山城主柳沢吉里を祀っています。
祀られている=神社があるということは怨みを持って死んだと認識するのが普通です。
やはりそうなのでしょうねぇ。

郡山城は1724年(享保9年)に吉里が城主となり、幕末まで柳沢家が治めています。




大和郡山城ばーずあい  大和郡山城について詳しくお知りになりたい方はここへ。
 "ばーずあい"って何かと思ったらBIRD’S-EYE =鳥瞰でした。


関連記事

Last Modified : -0001-11-30

Comments







非公開コメント