* AtelierUNな毎日 *

 >  ハンドメイド >  ハンドメイドの本 >  黒羽志寿子の小ものづくり

黒羽志寿子の小ものづくり

ドーム向けなんでしょうかねぇ.....次々に出版されますね。

黒羽志寿子の小ものづくり―パッチワークキルト 教えたい、習いたい

黒羽先生の作品は、作り過ぎないさりげなさが好きです。
藍染の布はほとんど持っていないので、このままは作りません、というか作れませんが。
新しいアイデアにもいろいろ挑戦されていて、頭が下がります。

キルトにフープを使わない先達はあらまほしきことなり。

キルト歴35年以上の黒羽志寿子がこれまでに培ってきた小ものの仕立て方のコツやバッグ作りのポイントを満載。持ち手やファスナーのつけ方、まちの縫い方なども詳しく説明する。

 作りやすくて、使いやすい いつでも持ちたい私の定番バッグ
 袋ものの基本 「どんでん返し」で仕立てる小もの
 仕立て方にも一工夫 シルエットを楽しむバッグ
 刺し子・波刺し ちくちくと続く針目としぼの美しさ
 インテリアとテーブルまわりの小もの 藍の布を集めて
 ニュアンスのあるテクニック 布の風合いを作る

黒羽志寿子の小ものづくり―パッチワークキルト 教えたい、習いたい



買うこともないとは思ったんですけどm(__)m、うちの近くの本屋さん(某有名書店の支店ですが)ではパッチワークの面積がどんどん縮小されて…ひとつの棚に「パッチワーク」と書いてあるんですけど、今じゃその一段の半分以下…見たいと思ったら買うしかないという…(後日、図書館に寄付すればいいので…)
関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する