* AtelierUNな毎日 *

 >  観劇・音楽 など >  映画「アマデウス」を見ました

映画「アマデウス」を見ました

舞台の「アマデウス」を観たので、にわかにマイブーム。

昔、映画「アマデウス」も見たことがあったんですけれど、見返したくなって、DVDを購入。

映画ならではのリアルさがとても素晴らしく、好きな映画のひとつです。
オペラなど舞台では表現できなかった部分も当時の様式で再現しているのが見事です。
アカデミー賞の作品賞、監督賞、主演男優賞、脚色賞、美術賞、衣裳デザイン賞、メイクアップ賞、音響賞の8部門を受賞しているのもナットク!!

映画と舞台のストーリーの違いも面白かった!
元々は舞台なんですけれどね。

アマデウス [DVD]

モーツァルトの謎に満ちた生涯を綴った名作
嫉妬と復讐の罠が、天才へのレクイエム

凍てつくウィーンの街で自殺を図り精神病院に運ばれた老人。彼は自らをアントニオ・サリエリと呼び、皇帝ヨゼフ二世に仕えた宮廷音楽家であると語る。やがて彼の人生のすべてを変えてしまった一人の天才の生涯をとつとつと語り始める…。若くして世を去った天才音楽家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの謎の生涯を、サリエリとの対決を通して描いた話題作。1984年度アカデミー賞8部門(作品・監督・主演男優賞他)を獲得。

【映像特典】
・ オリジナル劇場予告編





こちらは舞台版「アマデウス」の脚本です。(ピーター シェファー著 江守 徹訳)
幸四郎さんがこの脚本に忠実に体現されているのがよくわかりました。


モーツァルトのオペラは、というかオペラは食わず嫌いだったんですけど、観てみようかなぁ。
う~ん、ホンモノはウィーンにでも行かないと…(・・;)


関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する