* AtelierUNな毎日 *

TOP > 2017年10月

今も昔も変わらないキルトの楽しさ 松浦香苗の針仕事

今も昔も変わらないキルトの楽しさ 松浦香苗の針仕事

今も昔も変わらないキルトの楽しさ 松浦香苗の針仕事です。2009~2011年のキルトジャパンでの連載に加筆されて1冊に・・・このころ京都でのレッスンギャラリーに出かけて、布を選んでいただいたこともあったなぁと遠い目・・・私たちの世代(@パッチワーク)はまず松浦さんから入ったなぁと思います。変わらない端正な作品群です。懐かしい世代も、見たことないとおっしゃる世代もぜひどうぞ。今も昔も変わらないキルトの楽しさ ...

... 続きを読む

初めての高野山 その4

初めての高野山 その4

◆ 高野山霊宝館 平清盛が自分の頭の血で胎蔵界の大日如来を描いた曼荼羅(通称『血曼荼羅』)が見られるということで行ってみました。さすがにいろいろな宝物をお持ちで、いろいろ面白く、興味深く・・・運慶の八大童子はたぶん東京に行っているだろうなと思ったのですが、ひょっとして全員は行ってないかもしれないという淡い期待はあっさり・・・代わりにと言ってはなんなんですが、快慶の四天王↑が思いの外よかった♡繊細であ...

... 続きを読む

初めての高野山 その3

初めての高野山 その3

初めての高野山 その3です。◆ 一乗院宿泊は別格本山一乗院にて。宿坊初体験。高野山には現在117の塔頭寺院があり(街を歩けば〇〇院が連なっているのには驚くばかり)、そのうち宿坊寺院は52カ寺!これを弘法大師が望んでいたとは思えないのだけれど、生き残る術としての高野山の選択だったのでしょう。一乗院は弘仁年間に開かれて以来約1000年の歴史があり、特に九条家とのつながりが深かったのだそう。(大名や公家などはそれ...

... 続きを読む

初めての高野山 その2

初めての高野山 その2

初めての高野山 続きです。               画像はクリックすると別タブで大きくなります◆ 奥の院高野山の信仰の中心であり、弘法大師が入定(にゅうじょう・永遠の瞑想に入ること)を されている聖地です。一の橋から御廟まで約2キロメートルの道のりには、おおよそ20万基を超える戦国武将(の6割)の墓所をはじめ企業の供養塔や阪神大震災の慰霊碑の数々が樹齢千年に及ぶ杉木立の中に立ち並んでいます。 一の橋...

... 続きを読む