* AtelierUNな毎日 *

 > 2016年03月

三春滝桜 @大和文華館

今年最初のお花見は三春滝桜 @大和文華館♥このところ滝桜の満開と大和文華館の展覧会の日取りがずれていて見に行けずにいたので久しぶりです。(付属している広い庭園が展覧会の開催時のみ観覧できます) 福島県三春町からいただいた滝桜がほんとうに見事!  広い"文華苑"では様々な花が楽しめます。ただ、展覧会を開催している間しか入ることができないのがつらいところで・・・ササユリの群落なども珍しいのですが。大和文...

... 続きを読む

山水 - 理想郷への旅 -

  滝桜を見に行ったついでに・・・(笑)山水画も嫌いではないのですけれど、残念ながら印象に残るものがありませんでした。10日までです。山水 - 理想郷への旅 -人々は自然を描き、その中に遊んで精神をくつろがせることを楽しんできました。絵画の中の理想的な山水風景は時代と共に変化し、架空の楽園から実在の名勝まで、さまざまな主題が制作されました。山水図における鑑賞対象は、それぞれの画家が工夫を凝らして再現した...

... 続きを読む

ポトリエでランチ

大人気のレストラン ポトリエに行ってきました。 (もう6月末まで予約でいっぱい)前菜、スープ、メイン、デザート、コーヒーのミニコースです。  メインは4種から選択左が鶏もも肉のコンフィ なんとかソース、右が鮮魚のポアレ酒粕チャウダー仕上げグレープフルーツのプリンとジュレどれも手をかけた美味しいお料理でした♥これで¥2050(@_@。予約が取れないのもわかります!お近くのかた、ぜひどうぞ。7月の予約は4月1日...

... 続きを読む

暮しの手帖 4世紀81号

樋口愉美子さんの「春の刺しゅう」 @暮しの手帖 4世紀81号です。11ページにわたる特集で、モデルも樋口さんが勤められています。図案はこの右ページのバッグに使われているもののみで、あとは図案を単品に分けた作品のバリエーションと作り方。右ページのバッグの1色刺繍バリエーションもあって、樋口さんはカラフルなものより1色~2色のものが好きかなぁ。リアル書店で立ち読みされてからどうぞ。暮しの手帖 4世紀81号◎特集連続...

... 続きを読む

ちーさんへ * by UN
図書館でご覧になれば、これまでお持ちの本で十分ですよ。(なんて言っていいんだろうか(笑))

↓かわいいでしょう? ちーさんもおひとついかがですか~?
大型って言えるほどの手芸店でもないんですけれど、でも革は目立つところにしっかり。
男の方でもされるかもしれませんね。
ブームってほどでもないんでしょうけれど、知らなかったってことにまず驚きますよねぇ。
ミニチュアレザー小物の本がいくつか出ているのを見ましたけれど、さすがに手は出しません(笑)

* by ちー
購入されたのですね♪
私は、今回はちょっと節約(…というと聞こえがいいですけど、ケチって)して、
図書館で予約しました。
内容は本屋さんでチェック済みなので…楽しみです~。

↓皮手芸が流行っているんですか?
最近、大型手芸店に行ってないので知りませんでした。
何が流行っているかとかって、実際のお店に行くと一番良く分かりますよね。
作られたブーツ、とても可愛いです♡

ミニチュアブーツのバッグチャーム

先日ドレスデンポーチのリボンを探しに近所(とは言え他府県(・・;))の手芸店に久しぶりに行ってびっくりしたのは革ものの多さ。革手芸って流行っているのでしょうね。AMAZONもさすがにおすすめ商品に出してこないので知りませんでした。革もいろいろな種類がそろっていて見てるだけで楽しくて、そうなるといっちょかみをしたい私・・・とっかかりが全くないのですが、でも、なんかしたい・・・(笑)小さなキットを見つけて購入。...

... 続きを読む

すてきにハンドメイド 2016年 4 月号

NHKすてきにハンドメイド 2016年4 月号 です。新年度~(^^)v花岡先生のタック入りバッグ上田先生のエプロン斉藤先生の今、私のいちばん欲しいものはソーイングポーチ(新連載)こうの先生のマンスリーキルト・エレガントスタイルはヘキサゴンのパターン(新連載)etc.etc. かわいいものいっぱい♪よりどりみどりですよ~♥さて、何からしましょうね⁇今朝、近くのスーパーで最後の1冊でした。また追加されるでしょうけれど、4月号...

... 続きを読む

ちーさんへ * by UN
パッチワークをする人の高齢化と減少
パッチワークで食べていかなければならない方々は、その変化を如実に感じていらっしゃるのでしょうね。
(P通信社も倒産)
一方でコンテストは相も変わらず精緻なものばかりが入賞。
その精緻さは褒められるべきだとは思いますけど、でも一方でパッチワーク人口の減少に拍車をかけているような気も・・・


* by ちー
発売日から帰省していた私。
出先でちらっと情報を知って、早く本屋さんで確認したいと思った3日間でした(笑)
キルトの先生方でキルトの作品なのは、こうの先生だけなんですね~。
なんだか、時代の流れを感じました。

ドレスデンポーチ

手づくり手帖 Vol.08 早春号に載っていた Bag in Bagドレスデンポーチ を作りました。アイデアの逸品です。(菅原順子さん作)かわいいでしょう?小さいながら中は4室に分かれているスグレモノ。レシピはここからDL(@ヴォーグ社のサイト)できますよ(*^_^*)いかにも布選びをしたようですが、種明かし。実は小関先生のオリジナル布で、こういうのがありまして(左右が布幅の一枚布)要は"私"ではなく"小関先生"がしてくださった...

... 続きを読む

ちーさんへ * by UN
ちょこちょこっとできますからちーさんもいかがですか~?
中の仕切りも要らないと思えば無くしてもできますし~(レシピにはないけど)

ほんとに冬のコートを入れたり出したりで・・・
ちーさんもお気を付けくださいね!

* by ちー
可愛いですね!
布のチョイスも、なるほど…です。

寒暖の差が激しい日が続きますね~。
今日は、こちらはコートもいらないほどの暖かさでしたが、
連休最終日あたりは、また冬の寒さが戻るようで。
お体ご自愛下さいね。

軽井沢の四季とキルト/カントリークッキング

キルトジャパン 2016年 4 月号で紹介されていて関心を持った 軽井沢の四季とキルト/カントリークッキングです。なんで / で繋がっているかというと、左からは「軽井沢の四季とキルト」、右からは「カントリークッキング」という面白いつくり。どちらもアメイカナイズの易しいレシピで、いい感じ❤"キルトワークにミシンを使う特性は手縫いでは出来ない"縫ってから切って"デザインを起こしていく ことができるということでしょう...

... 続きを読む

Windows 10 悪戦苦闘中

私にしてはけっこう長く、8年も同じPC(Windows Vista)を使っていたのだけどこのところHDの容量不足で警告されるようになって・・・要らないようなプログラムとかは削除、画像データなどは別のところに移動とかしていたのだけどもうどうにも身動きが取れない・・・一念発起、新しいパソコンを買いに (いちおう1号について行ってもらった(笑))手に入れたのが Windows 10の。立ちあげるところまでは1号がやってくれたのだけど、...

... 続きを読む

味の旅人 浪漫 でランチ

味の旅人 浪漫(ミシュラン☆) で、1号夫婦にご馳走になりました。写真は一部(写真撮らなかったり)三宝柑のゼリーその時の旬のものを全国から仕入れ、丁寧に下ごしらえし(長いものは1年かけて)、調理にももちろん時間をかけて、余計な調味料を足さないお料理はやさしいお味でした。常連の方が多いのも頷けます。はまる人ははまるのでしょう・・・。(私たちの他は老婦人と言ってよい女性だけ) そのお料理が「その時の旬のも...

... 続きを読む

新基準への不信あらわ=福島事故の反映「不十分」―高浜差し止め・大津地裁

普通の人が普通に疑問に感じ、不安を持っていることに対して、きちんとおかしいと言ってくれた画期的な判決だと思う。備忘録として残しておきたい。新基準への不信あらわ=福島事故の反映「不十分」―高浜差し止め・大津地裁                                 @時事通信 3月9日(水)19時1分配信  大津地裁は9日、関西電力高浜3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを命じた。  稼働中の原発の停...

... 続きを読む

歌川広重の旅 ―平木コレクション 保永堂版初摺でたどる東海道五十三次

 生誕220年 歌川広重の旅 ―平木コレクション 保永堂版初摺でたどる東海道五十三次@美術館「えき」KYOTO です。広重の五十三次はお茶漬け海苔に入っていたカードを覚えていらっしゃる方も多いでしょうね。その本家、広重の東海道五十三次、 初摺の作品が55枚全部展示されています。(53の宿場+出発地・日本橋と到着地・三条大橋)よく観る有名なものもあれば、そうではないものもありますけれど、全部を観たことはなかったので...

... 続きを読む

マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展

 マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展―「印象、日の出」から「睡蓮」まで@京都市美術館 です。うん、まぁ、いちおうモネです。《印象、日の出》を確認したくて。前にも書きましたけど、やっぱり私どこかでこれ観てるんですよねぇ。なるほど、これか~(印象派のスタート)、確かに未完成だって言われるよなぁ って思ったことまで覚えているさてどこで観たのでしょうね。謎のままσ(・・;)マルモッタン美術館は、1966年モネの次...

... 続きを読む

志村ふくみ ―母衣(ぼろ)への回帰―

 志村ふくみさんの展覧会に行ってきました @京都国立近代美術館  文化勲章受章記念   志村ふくみ ―母衣(ぼろ)への回帰―志村ふくみさんはみなさんご存じかと思いますけど、日本の染織家、紬織の重要無形文化財保持者(人間国宝)、随筆家で、草木染めの糸を使用した紬織の作品で知られる方です。(モネ展のついでのつもりだったのですが)ほんとにステキでしたよ~❤古来の日本の色の名前が付いたもの、源氏物語の巻の名前...

... 続きを読む

ETERNAL CHIKAMATSU -近松門左衛門「心中天網島」より-

 ETERNAL CHIKAMATSU -近松門左衛門「心中天網島」より-を観ました。近松の「心中天網島」を現代の目から見て納得できる解釈をしようという、よく言えば意欲的な作品。役者さんたちはそれぞれところを得て素晴らしい出来でしたが、う~ん・・・。コンセプトというか脚本というか・・・う~ん・・・。これ深津絵里さんご自身も納得されて演ってらっしゃるのでしょうか。元々言えば、遊女の世界はあの時代のものとして現代人も観て...

... 続きを読む