* AtelierUNな毎日 *

 > 2015年07月

マグリットあれこれ

このところ、"新聞を読む"という(本来)ルーチンワークを怠っているのだけれど、昨夜たまたま夕刊を見てびっくり! →記事、画像@朝日新聞デジタルなんと大阪万博(1970年)の「せんい館」で展示されていた四谷シモンさん作の2mの人形「ルネ・マグリットの男」の一体が、今も平野のテーラーの店頭に飾られているのだそう❤(↓のお気に入りの山高帽の男です)大阪市平野区平野上町の元テーラーの店先に、身の丈2メートルを超える...

... 続きを読む

マグリット展

 同じ京都市立美術館でやっていたので、ルーヴル美術館展のついでになんとなく覗いてみたマグリット展でしたが、妙に気に入りました❤発想が面白いのに(と言っては失礼かもしれないけれど)、技術も確か!そして考えオチの題名の付け方!頭のよい方なのでしょうね。いつもはポストカードくらいしか買わないのに、気に入って図録やベルギーのデストルーパー社のクッキーまで買ってしまいました(この中身のクッキーももともと好き...

... 続きを読む

ちーさんへ * by UN
あ、それは残念。
なまじ期間が長いとアブナイですよねぇ。
ちーさんにご紹介いただいていたティム・バートンの、前売り券まで買っていたのに行けなかったのが悔やまれます。
帰省はされませんか? 京都でぜひ!

私、これ気に入るとは思わなかったんですヾ(・・ )ォィォィ
馬には乗ってみよを実感しました。

* by ちー
いらしたんですね♪
これ、行こう行こうと思ってたのに、結局行きそびれた展示です。
良かったんですね~。行かなかったことを、ちょっと後悔です。
気になったら、最初から予定に入れちゃわないと…ですよね。
行ける時に行こうと思ってて…って、最近ありがちなんです(苦笑)

ルーヴル美術館展 日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄

 いちおうルーヴルです(・・;)初来日のフェルメールの《天文学者》が目玉なのですが、いかんせん51×45cmの小ささ。そして私はフェルメールは好きではない。気に入ったのは レンブラントの 《聖家族》、または《指物師の家族》 1640年言われなければ《聖家族》とは気づかないような、たぶん17世紀の普通のオランダの室内が背景。でも何か神々しい雰囲気を醸し出すのはまさしくレンブラントライトですねぇ。 こちらは マルタ...

... 続きを読む

北大路魯山人の美 和食の天才

 北大路魯山人の美 和食の天才 @京都国立近代美術館です。お向かいの京都市美術館のルーヴル美術館展とマグリット展に行ったついでに・・・ヾ(・・ )ォィォィ魯山人は趣味が合わないと思って生きてきたのだけれど、やっぱり合わなかった・・・。織部を最近まで(茶人としてではなく)織部焼のみで認識していたのは魯山人の織部焼風をよく見るせいだと改めて気づく・・・(人のせいにしちゃいけないか?(笑))ま、"和食の天才"と...

... 続きを読む

キルトジャパン2015年7月号 夏 162号

キルトジャパン2015年7月号 夏です。6月5日発売の今号をやっとゆっくり読みました。(見ました かな)"生命の木"特集です。ほぼピースワークの作品ではなく、様々な形態のアップリケ作品で、よりプリミティブな感じがします。季刊だけに他にも盛りだくさん♪(P通信亡きあと、がんばってほしいですよねぇ。)・ キルトジャパンweb  : ヴォーグ社のページ 立ち読みもできますキルトジャパン2015年7月号 夏特集は「生命の木 tre...

... 続きを読む

ちーさんへ * by UN
台風、そちらは大丈夫でしたか? 離れた所でも妙に雨量が多かったり・・・
先週居た岡山に再上陸したようで、気に掛かっています。(それほど雨は降っていないようですが)

ほんとうに・・・季刊のQJだけになってしまうとは・・・ねぇ。
がんばってもらわなくては・・・
P通信は手を広げすぎたのでしょうかねぇ。負債額の大きさに驚きます。
P通信との契約で制作していらした作品もおありでしょうに、先生方もたいへんですよねぇ。
いちはやく斉藤先生はミスキルの作品の継続を発表されていましたが・・・(ちーさんのブログでも既報ですね)


* by ちー
情報を発信してくれる雑誌って、これだけになっちゃったんですよね。
やっぱり寂しいですね~。

なんだか、猛烈な暑さがやってきていますね。
上手く休息を取って乗り切らなくては…ですね。

帰還

長らく留守にしてましたけれど (ブログに広告出ちゃったぜぃ^^b)無事に母子の1ヶ月検診も済み、自宅に戻ってきました。まずは無事の帰還を夫とビールで乾杯!まあ、ご多分にもれずハラハラしたりドキドキしたりもしましたけれど息子3人なので、孫と近しく&親しく触れ合う機会を持てるとは思っていなかったので楽しく充実した時間でした❤いちおう、ピースの切片とかクロスステッチのキットとか持って行っていたのですけれど、...

... 続きを読む

ちーさんへ * by UN
はい。娑婆に戻った気分です(爆)
5月の初めに行ったので季節も進んでいて、衣替えもどこまで済んでいたのかわからず・・・
キッチンもよそのキッチンのよう・・・(笑)
いろいろ用事を片づけなければならないのですが、いきなりの猛暑日!
ゆっくりでいいよと言われている気が・・・ヾ(・・ )ォィォィ

パッチワーク、ほんとうに若い人が出てきませんものねぇ。
それこそ孫の世代が昔おばあちゃんがやっていたと"発見"してくれるかもしれません。
キルトジャパンや文化出版局まで無くなっては大問題なので、せっせと買った方がいいかもと思う今日この頃・・・。
(P通信の年間購読を申し込んでいたので、私も少々債権者のような気がします)

* by ちー
お帰りなさい。お疲れ様でした。
お忙しいながらも、楽しく充実した1ヶ月だったのではないかと想像しています。

ところで。
「ぱふ」さんも閉店なんですか?ビックリしました。
パッチワークの世界もいろいろ大変なんでしょうね。
作る方も、ですが、作家さんも、もっと若い世代の方が出てこないと、
これからどんどん先細りになっちゃうのかな?という気もします。