* AtelierUNな毎日 *

 > 2015年04月

蓮華王院 三十三間堂

三十三間堂です。京都国立博物館のお向かいにあります。昔々行ったことはあるのですけれど、外観の記憶はあるのに内部(千体の千手観音立像!)の記憶が全くないことに気づき(嗚呼)・・・京都国立博物館の帰りに寄ってきました。仏像としてではなく、彫塑像として拝見してきましたが、10列の階段状の壇上に整然と並ぶ等身大の千体の観音立像・・・この巨大な質量には圧倒され、(聖武天皇が大仏を作ろうとしたモチベーションと同...

... 続きを読む

京都国立博物館 平成知新館

  長い間工事していましたけど、昨年(2014)9月本館の左横(北側)にできた 京都国立博物館 平成知新館 です。京都国立博物館 平成知新館設計は、ニューヨーク近代美術館 新館、東京国立博物館 法隆寺宝物館、豊田市美術館などを手がけた世界的建築家、谷口吉生氏です。日本的な空間構成を取り入れた直線を基本とする展示空間では、収蔵品を中心に京文化の神髄をゆっくり楽しんでいただけます。また、開放的なロビーに降り...

... 続きを読む

桃山時代の狩野派 ―永徳の後継者たち―

画像はクリックで拡大します桃山時代の狩野派 ―永徳の後継者たち―展です。ずっと前に前売り券を購入しながらバタバタしていてGWに突入してしまって、もう諦めていたのですが、昨日『ごんたくれ』という曾我蕭白と長沢蘆雪の交流を描いた時代小説を読み、やっぱり見たくなって予定変更、行ってきました。狩野派といえば永徳の大画が印象的で、その絵が好きかと問われれば長らくNONだったのだけど、トシのせいか派手なものもそれな...

... 続きを読む