* AtelierUNな毎日 *

 > 2013年02月

キルターのお針箱―ソーイングこものを手づくり

キルターのお針箱―ソーイングこものを手づくりちょっと前に出ていて、リアル書店でパラパラっと見てその時は買わなかったのだけどしっかり見たい作品があったので購入。11人の作家さんのお針箱が載っています。いちおう"実用的"ってとこがポイント。ぜんぜん本題とは関係ないのだけど面白いというか悩ましいのはその11人の作家さんの肩書き。パッチワーク作家 2人パッチワーク講師 4人キルト・デザイナー 1人キルト作家...

... 続きを読む

ソラさんへ * by UN
肩書きって、一般的にも自分で決めるものなのかもしれませんね。
この頃は"主婦"って肩書きはだめで"無職"になっちゃうらしくて、あらそうなのぉ?って感じで…。

お針箱、よそいきとふだん着があるような…(笑)
展示されるのはよそいきのお針箱でしょうかねぇ。
そう思って見てます。

本、見つかるといいですね。



* by ソラ
肩書きの違い、なんだか面白いです。
デザイナーって、デザインするだけ?
でも、それじゃあつまらないなぁ~なんて考えちゃいました。

この本、タイトルを見たときから気になっていたんですけれど、近所の本屋にはなくて。
お針箱の中身に、興味があるんですよね~。
前に私の針仕事展でも展示がありましたよね?
あのときも興味深く見せていただいたので。
今度大きな本屋さんに行ったときに探してみます♪

ちぃさんへ * by UN
いい方の違いなのでしょうけれど、出版社としてはなんらかの基準があって表示しているのかしらねぇ。
本を出していれば作家
でも講師でも本を出したことのある方もあるし。
そしてデザイナー

なんでこんな肩書きつけることにしたのか、編集に疑問が…
まあ、こんなとこにイチャモン付けるのも私くらいなもんでしょうけど(笑)

* by ちぃ
確かに、区別難しいです(笑)
言い方の違いかな?という感じもしますよね~。
「作家」はオリジナル作品をコンスタントに作る人で(雑誌等にも作品が載るレベル)
「講師」は教える資格があるだけ…というイメージはあります。