* AtelierUNな毎日 *

 > 2012年09月

震災がれき広域処理は西日本の発ガン率を上げるため

欧州放射線リスク委員会(­ECRR)の科学委員長クリス・バズビー博士(Christopher Busby、クリストファー・バスビー)【発言要約】日本政府は、福島原発事故で汚染された震災がれき(放射性廃棄物)を日本中に運ぶそうです。しかも汚染されて無い西日本へも震災がれきを運び燃やすそうです。なぜそんな遠方まで震災がれきを運び燃やすのか理由が分からないと思います。私が理由を教えましょう。それは非常に邪悪で恐ろしいことです...

... 続きを読む

琵琶湖で百ミリシーベルト超えも 敦賀原発事故時の拡散予測

琵琶湖で百ミリシーベルト超えも 敦賀原発事故時の拡散予測 @2012/09/26 13:31 【共同通信】 日本原子力発電敦賀原発(福井県敦賀市)で東京電力福島第1原発事故と同規模の事故が起きた場合、地表に沈着すると年間100ミリシーベルト以上の外部被ばくを引き起こす放射性物質が滋賀県の琵琶湖に降り注ぐと、岐阜県が予測していることが26日、分かった。 共同通信が情報公開請求により入手した岐阜県の放射性物質の拡散予...

... 続きを読む