* AtelierUNな毎日 *

 > 2011年11月

ワシントン・ナショナル・ギャラリー展

ものはついで(?!)ワシントン・ナショナル・ギャラリー展―印象派・ポスト印象派 奇跡のコレクション@京都市美術館にも行ってきました。ワシントン・ナショナル・ギャラリーはアメリカの首都にあり、すべての所蔵品は一般市民の国への寄贈からなる。開館70年を機に行われる大規模改修によって、同館が誇る印象派とポスト印象派の傑作が一堂に会する展覧会が実現する。クールベやコローを導入部とし、印象派の先駆者といわれるマネ、...

... 続きを読む

智積院で等伯を観る

「松林図屏風」(本です)を読んでから特に気になる存在の長谷川等伯。(狩野派があまり好きではないので勝手に贔屓w)京都国立博物館↓へ行ったついでに徒歩2分の智積院に寄り道してきました。智積院には長谷川等伯一門 国宝障壁画があるのです。どうしてこれまで智積院に寄り道することを思いつかなかったのか不思議(・・;)「松林図屏風」でも重要な位置を占めている、等伯の息子久蔵の25歳の時の作 桜図(その後26歳で急死)と...

... 続きを読む

特別展覧会 細川家の至宝 珠玉の永青文庫コレクション

去年だったかTVで拝見してから見たかった永青文庫コレクション特別展覧会 細川家の至宝 珠玉の永青文庫コレクション@京都国立博物館 にやっと行ってきました。 東京・目白に位置する永青文庫は、旧熊本藩主であった細川家が所蔵する宝物を永く護り伝えていくために、昭和25年(1950)、第16代当主の護立(もりたつ)によって設立されました。 その所蔵品は、遠祖である細川頼有ゆかりの品や、歌人としても著名な初代藤孝(...

... 続きを読む