* AtelierUNな毎日 *

 > 2010年02月

小さめバッグとおうち小物

小さめバッグとおうち小物―パッチワークで作る 使いやすいちょっと小さめのバッグ、家の中を楽しくするおうち小物、アイディアいっぱいのソーイングケースなど、手作りの暮らしを応援する作品を集めました。どれもやさしいナチュラルな色合いです。marikoちゃん(*キルト絵日記*)のお薦め。近くの書店にあったので、つい買ってきてしまった…。作品数が多くてびっくり。小さいものならできそうな気がするのがミソかなぁヾ(・・ )ォィ...

... 続きを読む

オリンピック雑感

日本団体女子パシュート銀メダル~日曜なのに、(たまたま)早起きしてよかった~0.02秒差…惜しかったけどねぇ。個人メダリストなしで、銀メダルはすご~~い!それに引き換えと言っては悪いけど、真央ちゃんが金メダル取れるかもしれないって、本人にも国民にも期待させたのはなんだったのかなぁ。妙な期待感があるからの彼女の泣きじゃくりであり、国民のがっかり感だったわけでしょう?バンクーバーで金メダルを取るために4年も...

... 続きを読む

久しぶりにパッチワーク

久しぶりにパッチワーク…ヾ(・・ )ォィォィ宿題の小物作り。なんとなくヘクサゴン。これは9mm。ちょっとお試しに縫ってみる…。けっこうヘクサゴン好きかなぁ。四角四面な感じが薄く…でもワンパッチでつながる…亀(笑)はちょっと前に編み終わっているのだけど、がま口に付けるのを億劫がって未完……落ち穂拾い的仕事を嫌がる私…。こうのさんのマンスリーは3つめ、ペレッテのクロスステッチのは2つめのキットが届いてしまっている…それ...

... 続きを読む

『すてきにハンドメイド』追加情報

すてきにハンドメイド他にはない”手作りだけの月刊誌”。編み物、ソーイング、キルト、粘土、ビーズ、フェルト、スケッチなど、ありとあらゆるハンドメイドを紹介。「おしゃれ工房」の読者層である50代から60代の女性をターゲットに、満足度がさらにアップする形で引き継いていきます。ん?「おしゃれ工房」の読者層である50代から60代の女性をターゲットと書かれると~あれ?そうかなって感じなんですけど、そうなのかな。やたら盛...

... 続きを読む

すてきなカウント・ステッチ―クロス・ステッチからハーダンガー刺しゅうまで

すてきなカウント・ステッチ―クロス・ステッチからハーダンガー刺しゅうまで初心者から上級者まで、基本図書としてぜひ手元に置いていただきたい一冊! ■■カウント・ステッチって?■ 「カウント・ステッチ」は、布目を数えながら、繰り返し刺していく刺しゅうの総称です。その代表が、おなじみの「クロス・ステッチ」。本書では、「クロス・ステッチ」はもちろん、そのバリエーションや、「ハーダンガー刺しゅう」「ブラックワーク...

... 続きを読む

ビーズで作る、はじめてのジュエリークロッシェ

亀の歩みのビーズ編み。それでも先が見えてきて…そうなるとちょっと浮気心ヾ(・・ )ォィォィビーズで作る、はじめてのジュエリークロッシェ---かぎ針で編むシンプル&シックなアクセサリージュエリー(Jewelry)=宝飾品、クロッシェ(Croshet)=かぎ針やレース針で編む手法のこと。このジュエリークロッシェは、ビーズを通したレース糸をレース針で編みながら作る今までになかった新しいテクニックです。さまざまなビーズを組み合わせて編...

... 続きを読む

『すてきにハンドメイド』

ちぃさんのところ(UNDER THE BLUE SKY)で知ったんですけれど、おしゃれ工房が変わるのだそうです。(3月号は立ち読みしただけなので気づきませんでした)3月30日(火)~『おしゃれ工房』に代わって新しい2つの番組が始まります。午前11:30~11:55 教育テレビ放送です。『きれいの魔法』<毎週火曜日>きれいになるための情報をお届けします。『すてきにハンドメイド』<毎週水・木曜日>さまざまなハンドメイドを紹介します。...

... 続きを読む

パッチワーク通信 2010年 04月号

パッチワーク通信 2010年 04月号です。巻頭特集は「スイート・トープ」。「とろけそうで」「甘くて」「しあわせな」、まるでフランスのスイーツのようなトープカラーを提案します。第二特集では、奥深い「四角つなぎ」のキルトをご紹介。表紙が小関さんで喜んだのに、中は相変わらずの(苦しいネーミングの)トープが多くてちょっとがっかり。トープがやっぱり売れるのかな。ロンドンのビクトリア&アルバート美術館のキルト展ツア...

... 続きを読む

ビーズ編み その2

亀の歩みのビーズ編み←ちょっと亀みたい?模様の仕組みが分かってきて、進むようになってきました。が、話しかけられたり、TVに気を取られたりするとどこまで編んだかわからなくなって、わかるところまで後戻りすることがしばしば…ビーズが小さいのでレース糸の中を勝手に流れるというわけにはいかずに、ちょっと編んでは後ろに送り、ちょっと編んでは後ろに送り…が面倒かなぁ。で、やっと気がついたんですけど、レース糸は2巻…...

... 続きを読む

ビーズ編み その1

手づくりタウンで「下田直子のビーズ編み」の6カ月の頒布会をうっかり申し込んだ……のは私じゃなくて知人!持て余している様子なので、1個作ってみることに…1個くらいなら作ってみたいじゃない?昔こういうのおばあちゃんが持ってましたよねぇ。下田さんはレトロなものを探してくるのがうまい!歴史は繰り返す…まずはレース糸にビーズを通す…。ビーズが特小!1184個!説明にはレース糸の端をボンドで固めて斜めに切って…と書いてあ...

... 続きを読む

クロス・ステッチノート

クロス・ステッチノート―An embroidery note of French Style雄鷄社の本です。もう主婦の友社に移管して、新しく出ているのは知っているのですけれど、こちらの装丁が好きなので、買わずにいて…たまたま行った書店で発見!クロスステッチのシンプル刺しゅうという感じで好きです雄鷄社の本、地方の(売れない?ヾ(・・ )ォィォィ)本屋さんにはまだまだ残っているのかもしれませんね。まだ何冊か様々な本がありました。クロス・ステ...

... 続きを読む

針休めの小銭入れ

針休めパッチンの口金があったので、小銭入れ?に!YUWAさん、布に「MADE IN JAPAN」ってでかでかと描くのはやめて!(笑)MADE IN USAって描いてある布は見なかった…MADE IN ENGLANDはひとつあったけど。 どっちが表か裏かわかんないけど、反対側。あんまり変わんないか…キルトジャパンの作り方とは違って、キルト芯の上に直接ミミ側を下の布に載せてミシンでたたきました。ちょっとしわになったかな。気にしないヾ(・・ )ォィォィま...

... 続きを読む

布の耳

Quilts Japan 2010年 03月号に載っていた"針休めの針仕事"こういうにはカラフルな布がいいのよねぇ…あんまりないし~…と思いながら手近にあったのを片っぱしからチョキチョキ…こんなにたくさん!本気になって探したらもっといっぱいになっちゃう…これをつないでステキ~に見せるのは岡野先生のワザだとは思うけど、ちょっと遊んでみる?...

... 続きを読む

ブラックワークの額絵

完成しました!ブラックワーク1号です。(2号以降あるかどうかは不明)色のせいもあるのでしょうが、どこかの(インカ?)の壁画かなんかにありそうなプリミティブな感じがして、いわゆる"フランス刺繍"ともクロスステッチとも違って面白いものでした。抽象的な柄にもいろいろな意味があるのかもしれませんね。←使った糸はこちらこれは8番ですが、25番の段染め糸も欲しいと思う今日この頃…やばい?...

... 続きを読む

またまたピンクッション

またまたピンクッションですが、これはパッチワーク。こないだのクラフトケースに合わせて作りました。淡いむら染めの布もきれいねぇ…って自画自賛(・・;) クラフトケースは結局ちっちゃなボタン(?)をつけておしまいに…見えるかなぁ。ボタンは京都のidola(イドラ)でずいぶん前に買ったもの。(今見たら定番らしくまだ売ってる!)ヴィンテージビーズとボタンのお店で、花岡瞳先生もお気に入り!素敵ですよ~♪webshopもあるの...

... 続きを読む