* AtelierUNな毎日 *

 > 2005年12月

ウィリアム・メレル・ヴォーリズ

「伝道師の形見」というミステリを読んで、ウィリアム・メレル・ヴォーリズという人に興味を持った。知れば知るほど面白い。伝道師であり、建築家であり、メンソレータムの近江兄弟社の創設者であり、昭和天皇を戦犯裁判から逃れさせることに尽力し・・・元は一介の何も持たないアメリカ人の青年だったのである。建築として何か新奇であるということはないと思うが、その建築は暖かく人の記憶に残る。改めてあれもヴォーリズだった...

... 続きを読む