2015-01

繕い裁つ人 - 2015.01.30 Fri

poster.jpg

映画 繕い裁つ人 つくろいたつひと
TVのCMを見て気になったのだけれど、先日のパッチワーク倶楽部 2015年 3月号にも宣伝が載っていて
どうも業界あげて応援しているみたい。
神戸などが舞台になっているし、内容も配役も気になる・・・ちょっと観てみたい。

でも・・・
どうして私が観たいと思う映画の上映館は少ないのでせう(-_-;) (ex.ナショナル・ギャラリー 英国の至宝

なんとなく気が削がれて

原作の漫画を買ってみる・・・オトナ買い。(6巻で完)
mini_150130_0903.jpg

繕い裁つ人
祖母の志を受け継いで、その人だけの服、一生添い遂げられる洋服を作り続ける。そんな南洋裁店の店主・市江と、彼女の服を愛してやまない百貨店企画部の藤井。微妙な距離感を保ちながら関わる二人と、服にまつわる人々の思いを描き出す、優しい優しい物語です。



  今から読みます。



フランスの庭とお花のクロスステッチ - 2015.01.29 Thu


フランスの庭とお花のクロスステッチ ―250点のモチーフが織りなす四季の楽しみ です。

クロスステッチはめったにやらないくせに、本ばかり何冊買っているかしらねぇ。
特にヴェロニク・アンジャンジェさんはお気に入り❤

本書もずいぶん迷いながらとうとう買ってしまいました。
絵本ですねぇ。

ほんとうにステキ♪

にまにま眺めています❤


フランスの庭とお花のクロスステッチ 250点のモチーフが織りなす四季の楽しみ

大好評の『スイーツがかわいいクロスステッチ from Paris』、『パリの手芸屋さんのクロスステッチ』,『パリのアルファベットのクロスステッチ』、『フランスのかわいい村のクロスステッチ』に続く、フランスからやってきたおしゃれなフレンチテイストの刺しゅう図案集。
巻末の掲載作品の詳しい作り方ページは日本語版限定付録です。

自然の豊かさを発見できる庭は、色鮮やかな花たち、美味しそうな果実や野菜、極彩色の昆虫たちの宝庫です。
250点のモチーフは、たくさんのかわいいお花、ガーデニングにかかせない園芸道具、ヒラヒラと舞う蝶やかわいい小鳥など、どれもが繊細で可憐。
種入れのサシェ、ガーデニングエプロン、ガーデニンググローブ、ラディッシュのがま口、カフェカーテンなど、見ているだけでもウキウキしてくる作品が満載です。




パッチワーク倶楽部 2015年 3月号 - 2015.01.28 Wed

パッチワーク倶楽部 2015年 3月号 です。

立ち読みしてから買うかどうか決めようと思ったのですけれど
近くの本屋さんにはなくて(見つけられなかっただけかも)
もう1軒行くのが面倒だったのでAMAZONで買いましたσ(・・;)
この頃のパッチワーク倶楽部の表紙はスルーするにはステキすぎます(・・;)=ジャケ買いです。

かわいい小品がたくさんありますね❤
ちょっと気になるものもあり・・・そのうち作るかも♪



 パッチワーク倶楽部 2015年 3月号

「パッチワーク倶楽部」はパッチワークが好きな人のための情報誌です。流行の小物や季節ごとの小物など、気軽に作れるパッチワークや布の手作りを中心に掲載しています。

特集 春の模様替え&贈り物
春はインテリアや身の回りのものを新しくしたくなる季節。まるごと新調しなくても、何か一つ変えるだけで気分をリフレッシュできます。春に向けてインテリアを見直す提案です。
春はまた新しいスタートの季節でもあります。お祝いの気持ちやお礼の気持ちにともに、手作りのものを贈ってみませんか。誕生日や季節の変わり目に、自分に贈り物をするというのもお勧めです。
プレゼントにぴったりの「かわいい動物たち」も登場。

今年のおひなさま
気軽に飾って季節も感じられるのが手作りのおひなさま。工作気分で作れるおひなさまもご紹介。

インターナショナル・キルトウィーク横浜2014報告
楽しかったイベントの思い出をまとめました。作品コンテストの上位入賞作品、ミニキルト大会の全入賞作品を掲載。おしゃれなキルターを追いかけた会場スナップもあります。

読者参加企画
ミニミニキルト発表会 星のチャレンジキルトその3
読者の皆さんが作った20×20㎝の星のキルトをご紹介する最終回。伝統的なデザインから風景画風の星のキルトまで、さまざまな作品が集まりました。

布の柄を生かして作るふんわり小物入れ3種
花びら形と箱形の柔らかく作る小物入れ。接着芯は使いません。

連載
カオハガンのキルト仲間
パッチワークまわりの手作りテクニック 綿なしパフ
季節ごとの押し絵飾り おひなさま




15 Minutes of Play -- Improvisational Quilts - 2015.01.27 Tue

キルトジャパン2015年1月号に掲載されていたご本です。(p56~p59)
今月あちこちで著者Victoria Findlay Wolfeさんのワークショップが開かれて参加されていた様子を拝見して、本だけでもと思い購入しました。(もっと時間がかかると思っていたけど、20日にUKに注文して今日27日に到着しました(^^)v)

15 Minutes of Play -- Improvisational Quilts: Made-Fabric Piecing, Traditional Blocks, Scrap Challenges

余った布や好みじゃない布をどう使うか、15 Minutes of Play=即興で作るっていうのがポイントなのでしょうけれど

元々スクラップ布を使うのは日本では一般的ですよねぇ。
このやり方、特に新しくもないのではないかしら?↓

そして、色彩感覚が私の好みではなかったかなぁ。
まぁ、アメリカ人ですからね(・・;)

裁ちクズをバサバサ捨てちゃうアメリカ人向けの本だと思う・・・。
ん~・・・ちょっと残念。

15 Minutes of Play -- Improvisational Quilts: Made-Fabric Piecing, Traditional Blocks, Scrap Challenges

Victoria recommends setting aside 15 minutes everyday to be creative and to play. Her idea of play is to freely sew to make "fabric" out of small scraps. Her made-fabric used in traditional blocks gives the blocks a modern look. If the reader has forgotten how to play, the book includes 11 challenges that are designed to loosen up the creative inner child.--Stevii Graves, Journal of the International Quilt Association, July 2010 "International Quilt Association Journal, May 28, 2013 "



00361.jpg
 このリュック、大昔に作ったものですけど
 このストリングスターは斉藤先生のご本に出ていたやり方で
 当時(ミシンで縫えば速いなぁって思いながら)手で縫いましたけど
 要は同じやり方なのでは??





第14回 東京国際キルトフェスティバル~糸と絆で繋ぐ祭典~ - 2015.01.23 Fri

201501.jpg 201502.jpg

今年も東京国際キルトフェスティバルの季節になりました。(今年は昨日22日から28日まで)
もう第14回だなんて・・・信じられない(・・;)  いやぁ、月日の経つのは早いもの(-_-;)

今年もTVで拝見。

特別番組放送のお知らせ
「第14回東京国際キルトフェスティバル~糸と絆で繋ぐ祭典 徹底紹介~」
1月23日(金)午後12時00分~12時45分 BSプレミアムにて放送します。
 ●司会:中山エミリ(タレント)
 ●スタジオゲスト:キャシー中島(キルト作家)


各コーナー、過不足なく(駆け足で)見せてくださいましたね。
  特別企画「大草原の小さな家」 
  キャシーさんの全仕事
  パートナーシップキルト
  キルト作家57人の新作キルト
  キルトコンテスト入賞作品
45分しかないのは物足りな~~い!
なのでぜひ会場へどうぞという仕組みです(笑)

mini_150123_09550001.jpg
(会場限定)図録をふっくら☆人さんに送っていただきました(^^)v
いつもながら素晴らしい作品群で・・・会場よりゆっくりしっかり見られるのでいい・・・というのは負け惜しみ??(笑)
知っている方の作品を見つけて喜んでいます♪
もちろん現物の素晴らしさは想像をプラスしないといけませんが・・・そこは経験^^b
図録で下調べしておいて会場では目当ての作品だけしっかり見せていただくのがベストかなとも思います。

今年一番好きな作品は宮本由子さんの「サバンナ」です❤

またあちらこちらのブログで、レポート見せていただけることと思います。
楽しみにしていますので、よろしくお願いします<(_ _)>



ウールのテープで編むバッグ - 2015.01.20 Tue

mini_150120_13110001.jpg

"ウールのテープで編むバッグ"ができました。 
あんだんて(花岡瞳先生のショップ)のキットです。

ジャンボ針でしゃかしゃかこま編み。すぐできます。

何がたいへんかって、布を切るところと裁ちくず(?)の始末^^b 
Modaのプレカット並みに粉だらけに。しかも紺・・・目立つ(・・;)

新しいウールをテープ状に切っていて思ったのだけど

   ・・・・・・もったいない(・・;)

これは着なくなったスカートとかコートとかで作ったらいいんじゃないのかしらん。
まあ、布を買うだけ買って死蔵している私(布のコレクター)が言えることではないような気もしますが・・・^^b



    -----×-----×-----×-----×-----×-----×-----×-----×-----×-----



圭くん、順当に勝ち上がりましたね
今夜はAFCアジアカップです 
同じメルボルンで。なんか楽しい 

【追記】
予選突破!
圭くんも見に来てましたねぇ(^^)v 

すてきにハンドメイド 2015年 2月号 - 2015.01.20 Tue

すてきにハンドメイド 2015年 2月号です。
ひと月経つのの速いこと!

若山さんのマンスリー、(たぶん)やらないと思われるので、買わなくてもよかったかな??
なんとなく立ち読みするのも面倒だったので買ってきちゃいました。

ベルンド・ケストラーさん、(また出た)手芸男子ですけれど、既存の編み物のいわゆる常識にとらわれてなくって面白いですね。
放送も見てみたいな。(2月5日) 覚えていられたらいいねヾ(・・ )ォィォィ

ペットボトルのふたで作るピンクッション、ずいぶん前に一時流行りましたけど、リバイバル??
ちょっと刺しにはなかなか便利!


すてきにハンドメイド 2015年 02月号


2月の放送テーマ:大好評! はじめてさんのハンドメイド

  男性にもおすすめ ウエーブ模様のネックウォーマー ベルンド・ケストラー

  はじめてでも簡単 手縫いのAラインワンピース 高橋恵美子

  シルエット&着心地すっきり! 自分サイズのスカート 米永真由美

  基本のステッチで 春色刺しゅうのバッグ 中山富美子 .


テキスト企画

  かぎ針で 春の帽子 岸睦子

  すっきりシルエットの ジャンパースカート 坂内鏡子

  斉藤謠子の 毎日使える布バッグ 斉藤謠子

  広げて便利なネットバッグ 岡本啓子

  折り紙で 簡単愛らしいおひなさま 布施知子

  細編みで編む 裂き布の小物入れ 伊藤ゆかり

  キルトのティーコゼーとポットマット 上田葉子

  ペットボトルのふたで作る 小さなピンクッション 久文麻未

  若山雅子のマンスリーキルト




先週木曜の夜のすてきにハンドメイド、うっかり見逃したんですけど
あるはずの今日火曜10:15~の再放送は圭くんのテニス(進行中❤)のため無いので
明日水曜10:30~↓を忘れないようにしなくっちゃ!(って録画予約入れておけばいいだけのことなんですけどねσ(・・;))

すてきにハンドメイド「冬の家事を楽しく!エプロンドレス」

2015年1月21日(水) 午前10:30~午前10:55(25分)

今月のテーマは「針と糸の手仕事」。2回目は、キルト作家の小関鈴子さんが、エプロンドレスを紹介する。ゆるやかなAラインのシルエットに、大きなポケットをつけた、暖かく実用的なエプロンドレス。背中はボタン二つ留めで、気軽に脱ぎ着が可能。襟ぐりは浅め、肩ひもがないので、肩が凝りにくいデザイン。すそ丈は、身長にあわせてアレンジOK。ウエストにリボンをつければ、クラシックなシルエットにもなるおしゃれな1着。




ついでに備忘録

「フックド・ラグのチェアマット」 by斉藤謠子先生

1月22日(木)午後9時30分~

今月は「針と糸の手仕事」。3回目は、パッチワークキルト作家の斉藤謠子さんが登場。細くカットしてテープ状にしたウール地を土台布にフックする「フックド・ラグ」の技法でチェアマットの作り方を紹介。古きよきアメリカの開拓時代に親しまれた、生活に根ざした実用品であり、楽しみでもあった「フックド・ラグ」。今回は、キルトの伝統柄でもあるログキャビンのデザインを用いる。厚みが出るので暖かく、日々の暮らしに大活躍。


201501s_20150120103327d10.jpg
特別番組放送のお知らせ
「第14回東京国際キルトフェスティバル~糸と絆で繋ぐ祭典 徹底紹介~」

1月23日(金)午後12時00分~12時45分 @BSプレミアム

 司会:中山エミリ(タレント)
 スタジオゲスト:キャシー中島(キルト作家)




PUNK - 2015.01.17 Sat



すてきなもの見つけました!!!

     PUNK  JUNKO OKI

沖潤子さんとおっしゃる方の刺繡作品集なのですけれど、

ぜんぜん手芸じゃないの。

アートなのです。

mini_150117_0851.jpgこういう自由さ(いいかげんさ?)って大好き❤

装丁も凝っていて 函入りで、背は糸かがり、そのおかげで全ページちゃんと開く!
いやぁ、うれしい

でもね、版元でこの函にシュリンク(プラスティックフィルム)がかけられていると、本屋さんで中身が想像できないと思うのですが・・・手にとって見てもらえない・・・


・沖潤子さんのサイトは こちら
・インタビューは こちら @本の話web 


 PUNK JUNKO OKI

おびただしい数の針目が、ページを埋め尽くす! 世界中から注文が殺到する沖潤子の刺繡作品をオールカラーで紹介。巻末には本人による115の作品解説を収録する。

フランス、イギリス、ドイツ、オランダ、アメリカ、台湾……
世界中の目利き達が絶賛!
アート界、ファッション界にも熱狂的ファンをもち、
作品のオファーが殺到中の刺繍アーティスト・沖潤子。
待望の、初・作品集刊行。
おびただしい針目が、ページを埋め尽くす!

4000枚にのぼる写真から、オールカラーでこの十余年の作品を網羅。
巻末には本人による115の作品解説を収録。(すべて英文も掲載)
A4サイズ、256ページ、背は糸かがり、
濃紺地に金の箔をほどこした函入り
という沖作品とリンクした造本も、ぜひその目で見て、触って、確かめてください。

パンクとは、わかりやすく表面に顕れているポーズのことを指すのではなく、
何食わぬ顔をして常識的に社会生活を送っている人の中にもある矜持のようなもの、
これだけは誰にも屈さずに守り通さなくてはならないというもの。
心になんらかの種火を持つすべての方にとって、必見の一冊です。

沖 潤子(おき・じゅんこ)
2002年、母が残した布に針と糸で自己流の刺繍を始める。高密度の絵画的刺繍はファッションデザイナーや写真家、芸術家たちを熱烈に惹きつけ、ARTS&SCIENCE青山、ギャラリーフェブ、DEE'S HALL、COW BOOKS等で次々と個展を開催。国内外で絶賛される。自費出版した「poesy」「culte a la carte」などの作品集はすべて売り切れとなった今も、幻の私家版として大きな話題となっている。

「PUNK」出版フェア  
1月10日(土)~1月23日(金) 
恵文社一乗寺店  (京都)
● gallery's eye に参加 
2月13日(金)~2月15日(日)
 gallery's eye (東京)
●「PUNK」刊行記念展  2月20日(金)~2月24日(火) DEE'S HALL (東京)
●「PUNK」刊行記念展  3月27日(金)~3月31日(火) MORIS (神戸)





ナショナル・ギャラリー 英国の至宝 - 2015.01.16 Fri

national_gallery_2015011623023249c.jpg映画 ナショナル・ギャラリー 英国の至宝

観てみたいと思ったのだけど
上映するところが少ない上に、上映時間181分・・・
ひいてしまった・・・(・・;)

TVでやらないかなぁ^^b





ナショナル・ギャラリー 英国の至宝

監督: フレデリック・ワイズマン
出演者: ナショナル・ギャラリーのスタッフほか/エドワード・ワトソン&リアン・ベンジャミン(英国ロイヤル・バレエ団プリンシパル)

第71回ヴェネチア国際映画祭 栄誉金獅子賞受賞
巨匠フレデリック・ワイズマン監督が、 英国の〈小さな美術館〉が〈世界最高峰〉と讃えられる──
その秘密に迫る!

 オープニングの直後からスクリーンに躍るのは、美術館を訪れる人々へのヴァリエーションに富んだもてなしだ。
スライド上映付きの講演会では、ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、レンブラント、ターナー、ゴッホ、モネなど、綺羅星のごとく並ぶ選りすぐりの傑作によって、13世紀から20世紀初頭の西洋美術の流れを簡単につかむことができる。館内ガイドツアーでの、学芸員や専門家の工夫を凝らしたギャラリートークは、アートとの出会いをワクワクするような興奮に変えてくれる。本格的なデッサン教室や触れる絵画のイベントなど、ワークショップも斬新なアイデアに溢れている。
驚くべきは、常設展への入場料もこれらのオプションも、すべてが無料だということだ。
王家の秘蔵品を集めた他国の国立美術館と違って、ナショナル・ギャラリーは一市民のコレクションから誕生した。そんな由来からも、アートを楽しむことに、貧富や階級の差はないというスピリットを今も守り続けているのだ。
続いてカメラは、ナショナル・ギャラリーの名を高めた、高度な修復作業を追いかける。百年以上の時を経て、画家が描いた当時の姿が甦るのは、もはや一大スペクタクルだ。
X線分析によって、レンブラントやダ・ヴィンチの絵画の下から別の絵が浮かび上がるに至っては、上質のミステリーを紐解くよう。まるで命ある物を世話するように日々手を掛けるのは、絵画だけではない。額縁も新たに作られ、展示位置も定期的に見直され、照明は気が遠くなるほど繰り返し調整される。
さらに奥の会議室へとカメラは進み、予算やPR、企業とのタイアップの是非など白熱の議論までが明かされる。
ワイズマンの何一つ漏らしはしない眼を通して、私たちは気付く。この美術館の人気の秘密は、すべて愛と情熱にあることに。アートの素晴らしさを一人でも多くの人に伝えたいという願いが、ナショナル・ギャラリーを夢の国に変えたのだ。
そしてラストを飾るのは、ロンドン・オリンピックの記念に行われた英国ロイヤル・バレエ団との華麗なるコラボレーション。新鋭振付師ウェイン・マクレガーが、新作のインスピレーションを得たティツィアーノの絵画の前で、二人のプリンシパルが幻想的な踊りを繰り広げる。
扉を開けると、そこでは時を越え美と歴史、幾つもの人生がめぐり逢う。
発見と驚きに満ちた、今を生きる歓びが溢れる究極のドキュメンタリー、至福のひと時がここに―。

181分




オクタゴンのバッグ - 2015.01.16 Fri

mini_150117_08470001.jpg
「ニューヨークのお土産のカットクロスなんだけど・・・なんとかして!」 と年末に預かった布。
ニューヨークの街というか交通というかそんなものが描かれている・・・
工夫しようがないというか 工夫してもしかたないというか・・・(・・;)

オクタゴンのバッグになりました。これは見本。

後ろの方が好きな気がするけど・・・ナイショ・・・ヾ(・・ )ォィォィ
mini_150117_0847.jpg



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Recent Entries

Categories

パッチワーク&キルト (780)
パッチワークの作品づくり (226)
<アラウンド・ザ・ワールド@QJ> (9)
<こうの早苗のマンスリーキルト> (14)
マンスリーキルト「My favorite quilt」 (31)
マンスリーキルト「Bonjour」 (10)
マンスリーキルト La Boutique Andante (7)
マンスリーキルト Modern Quilts Style (7)
マンスリーキルト「ナインパッチのサンプラーキルト」 (11)
Little Amish Quilts (1)
パッチワークの本 (344)
パッチワークの展覧会 (88)
便利グッズ (19)
刺繍&その他のハンドメイド (184)
ハンドメイドの作品づくり (63)
刺繍&その他手芸の本 (98)
<ペレッテの小さな世界> (2)
Crewel Embroidery (3)
美術展関連 (120)
暮らし (600)
東日本大震災~原発 (57)
観劇・音楽 など (108)
歌舞伎 (14)
シェイクスピア (10)
ラ・マンチャの男 (13)
建築 (7)
ガーデニング (35)
スポーツ (31)
その他 (86)
未分類 (0)
インフォメーション (8)

Search

Monthly Archive

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

All Entries

全タイトルを表示

Comments

Bookmarks

このブログをリンクに追加する

プロフィール

UN

Author:UN
趣味のパッチワークや日々の暮らしなどを綴っています。

FLAG counter

free counters

Mini Blog

15/04/14 台湾・香港で日本からの食品を輸入規制しているのは福島、群馬、 栃木、茨城、千葉の5県
15/04/06 小山三さんが亡くなった。94歳。90年以上にわたりよくぞ中村屋を支えてくださったと思う。ご冥福を。
15/03/31 書評家・大矢博子氏によると食べ物を表して、読者に「食べたい」と思わせる技術に特に秀でた作家は池波正太郎、北森鴻、高田郁、近藤史恵なのだそうである。(近藤史恵・著『ヴァン・ショーをあなたに』の解説より)
15/02/22 (勘三郎さんに続き)三津五郎さんまで亡くなって・・・ショック! ご冥福をお祈りします。
15/01/03 Yahooのおみくじ「スレスレの中吉」σ(^^;)
14/12/09 衆議院選挙、期日前投票に行ってきました。
14/09/18 スコットランドの独立、スコットランドは大好きなので応援したい気持ちは有るけれど、理想はともかく現実的に考えると難しい気はしています。
14/08/25 『すべてがFになる』がドラマになる(@_@;)
14/03/05 ニュージーランドに4-2。実質負けだと思いますけど。
14/03/27 真央ちゃんの<ノクターン>すてきでした~!ほっとしてまた涙(笑)
14/03/05 ニュージーランドに4-2。実質負けだと思いますけど。
14/02/21 真央ちゃん、自分で納得のできるスケートができてよかった~❤ 私はそれだけでうれしい!うれし涙!涙!
14/02/17 カーリング、勝った! 今日の小笠原さんはすごい! 夜のスウェーデン戦を残すのみ! がんばっ♪
14/02/16 東名自動車道がやっと全線開通したみたいですね。荷物が届く・・・。
14/02/16 カーリングの応援は非常に疲れます。スイスに勝って首の皮1枚残りました。
14/02/15 祝!ゆづ、金メダル!! 町田くん5位!大ちゃん6位! すごい!! ありがとう!
14/02/14 あきらめて0時前に寝たのになぜか自然に2時半ころ目が覚めて、フィギュアスケートを応援しています。
14/01/20 センター試験の問題が新聞に載っても解いてみようとさえしなくなった今日この頃…。寒いですね。
14/01/17 <ワイヤー口金ポーチ>なるものを制作中です。
14/01/16 すてきにハンドメイド ご覧になれましたか? 再放送は22日、23日です。

Mail to UN

名前:
メール:
件名:
本文: